広告枠
    FinancialLabTOP > 投資家の生の声 > 【投資家の生の声】Yukiさんー私が投資をはじめたきっかけー
2017年12月21日

【投資家の生の声】Yukiさんー私が投資をはじめたきっかけー

The following two tabs change content below.
大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

普段は個人投資家として活動しつつ、「日本人の金融リテラシーを向上させる」ことを使命として投資教育メディア『ファイナンシャルラボ』を運営しております。山口県下関市出身。
このページでは実際にファイナンシャルラボを通じて投資を体験した、スタートした投資家さんの生の声を紹介しています。

これから投資を志す皆さんには、何よりも実際の投資家さんの実際の声が参考になると思います。

ご一読いただき、ご自身のこれからの投資活動に向き合うきっかけにしてみてください。

投資家:Yukiの生の声

こんにちは。

「資産運用」や「生活費」「娯楽」など・・・投資をしていらっしゃる皆さんは、最初に何かしらのきっかけや目的があったと思います。

私が投資を始めたきっかけは、「老後の生活の不安」でした。

前回も書かせていただきましたが、地方公務員の私の場合、共済年金の厚生年金への組み込みや、退職金の減額、年金受給年齢の引き上げと受給額の引き下げなど・・・老後のお金に関する今の情報は、不安要素ばかりで希望が持てる明るい話題はありません。

この「不安要素」をきっかけとして私の場合は投資を始めました。

不安に備えて出来る限りの準備を早めに始めておくことは良いことだと思いましたし、人生の計画の一部として必要な判断だとそのときは思いました。

先日、メンターと話をしていた時のことです。

メンターが私にこんな質問を投げかけました。

「ところで、どうして投資を始めようと思ったのですか?」

私は上にも書いたとおり「将来のことが不安なので、今できることから始めようと考えました。」と答えました。

するとメンターからは、次のように言われたのです。

「うーん、みんな、老後が心配って言うけど大丈夫なんだけどな。まだ、来ていない老後を不安に思っても仕方がないし。逆に、不安がきっかけのそのマインドで投資をしていると、ますます不安な将来が目の前に現れるよ。」

自分のメンターながら、何を言っているのか全然わかりませんでした。

将来を不安に思って、対策のために行動しているのに、どうしてますます不安な現実が現れるの?

不安をきっかけとする行動は、自分の中で「不安」という心理状態が根底にあるので、無意識に「不安」と思うヒト、コト、モノに焦点を当ててしまいます。

不安なことを目にすれば、ますます不安な心理状態になります。

不安を解消したくて行動しているのに、不安が不安を呼び込み、結果的にさらに不安な現実が目の前に現れてくるのです。

不安なものは不安ですから、自分の中の不安を見ないようにする必要はないと思います。

不安に思って自分の将来に対して備えることは、責任ある人生を送る上で大切な心構えだと思います。

最初は不安のマインドが強くても、投資に慣れたり、成果が上がってきたりしたら、不安にだけ焦点を当てるのではなく、あなたの焦点をちょっと横にずらしてみるのがいいのです。

投資を違う側面から見ることによって、投資のおもしろさや自分の投資が社会に役に立っていること、投資から透かして見える社会を知ることにも興味を持つなど、投資の楽しさを感じることもできるようになります。

「楽しみ」があなたの心理状態の根底にあれば、楽しい現実が目の前に現れるようになります。

あなたのマインドはあなたが意識すれば変えることができます。

あなたの投資マインド、変化させてみませんか。

記事作成者:Yuki