広告枠
    FinancialLabTOP > 投資家の生の声 > 【投資家の生の声】Risemartさんー投資は年金代わりー
2017年12月21日

【投資家の生の声】Risemartさんー投資は年金代わりー

The following two tabs change content below.
大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

普段は個人投資家として活動しつつ、「日本人の金融リテラシーを向上させる」ことを使命として投資教育メディア『ファイナンシャルラボ』を運営しております。山口県下関市出身。
このページでは実際にファイナンシャルラボを通じて投資を体験した、スタートした投資家さんの生の声を紹介しています。
これから投資を志す皆さんには、何よりも実際の投資家さんの実際の声が参考になると思います。
ご一読いただき、ご自身のこれからの投資活動に向き合うきっかけにしてみてください。

投資家:Risemartさんの生の声

Risemartです。

投資というと、お金持ちがやるもので金銭欲が強い人がやるものと思われがちですが、

私はお金のために投資をしている訳ではありません

おそらく投資の必要性を感じ始めるのは、

定年か、少し先が見えてきて働けなくなった時だと思います。

今後、年金が減ることは目に見えていますので、

何か労働収入以外で確たる収入がなければなるまいと考えています。

そういう意味で投資は、

年金代わりの一つとして生活の支えになると感じています。

また「投資はリスクが大きい」とか「博打と同じ」と言われることもありますが、

老後のことを考えると“投資をしないことの方がリスクだ”と私は考えています。

いわゆる下流老人となった人々は、

現役の時、投資などで老後準備をしていない人が多いようです。

働きずめで貯金だけしてそれを老後になったら、

切り崩して生活していくだけでは窮屈になることは目に見えています。

さらに投資やネット副業などで成功した人を見ると老後準備どころか、

アーリーリタイアをして、不労所得だけで経済的自立を果たし時間的な自由を得ている人もいます。

そうなると職場に縛られず、どこにでも好きなところに移住できたりもする空間的自由も得られますよね。

原発事故や戦争など今いる場所が危険になる時に、仕事のために縛られることなく、自由に動けるとか。

以上のように時間と空間を自分に取り戻すために、「投資」があるように思えます。

お金を得るためだけの投資は、

無目的で退廃的であり、手段を目的化するものであると思っています。

では自分にとっての自由になった後の目的は何か?

それには「金持ち父さん、貧乏父さん」の著者ロバート・キヨサキが参考になりました。

彼は投資をすることによって、実現可能になることとして、

「寄付が好きなだけできる」と言っていました。

日本に寄付文化はありません。

ですが、投資は自分のためだけにやるのでなく、

多くの人に共有することによって身の回りから社会を変えられる

ということで、私も同じ意見を持ちました。

自分も早くその領域に行きたいと思っています。

記事作成者:Risemart