広告枠
    FinancialLabTOP > 投資家の生の声 > 【投資家の生の声】Odaさんー多くの人はお金の心配に支配されているー
2017年12月21日

【投資家の生の声】Odaさんー多くの人はお金の心配に支配されているー

The following two tabs change content below.
大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

普段は個人投資家として活動しつつ、「日本人の金融リテラシーを向上させる」ことを使命として投資教育メディア『ファイナンシャルラボ』を運営しております。山口県下関市出身。
このページでは実際にファイナンシャルラボを通じて投資を体験した、スタートした投資家さんの生の声を紹介しています。
これから投資を志す皆さんには、何よりも実際の投資家さんの実際の声が参考になると思います。
ご一読いただき、ご自身のこれからの投資活動に向き合うきっかけにしてみてください。

投資家:Odaさんの生の声

Odaです。

投資の幅が広がるようになってからお金の話題に関して、
周りの人がどのような反応をするかより意識的になりました。

お金(特に投資)の話をすると、友人や会社の同僚の多くは一様の反応をします。
おそらく本心から心配してくれているのだと思いますが、

「危ないからやめておきなよ」と。

これは行動心理学で言う「同調行動」と言うのですが、
人は周りの環境に影響され行動する生き物なのです。

つまり、

“ 同じような人が集まる環境では、
同じような価値観や行動が「常識」になる ”

ということですね。

なので、投資経験のある人が集まっている環境と、
投資経験のない人が集まっている環境ではその「常識」が異なるわけです。

  • 「投資は怖い」
  • 「投資はギャンブルと同じ」

という考えが彼らの中で一般的な常識なのだな、
と身をもって感じています。

また「お金だけが幸せではない」とか「お金の話はしたくない」とか、
異口同音に言いますが、多くの人が、

「お金の心配に支配されている」

ということに気付いたのです。

安定収入のためだけに毎日嫌々仕事を続けている人は多いですよね。
結婚して子供がいたりするとその悩みは更に深刻なものになります。

お金がないことを理由にやりたいことに踏み出せない人も大勢います。
本質的にはお金の問題に向き合うことが必要なのに、
何にどう向き合ったらよいか分からなくて恐怖を感じているように思います。

個人的には、投資コミュニティに参加して投資の幅が広がったことで、
お金を動かすことに対するメンタルブロックが薄れてきたと肌で感じています。

元々私は株式投資をメインに行ってきましたが、
最近はビットコイン、イーサリアム、ゼットキャッシュ等の暗号通貨にも投資しています。
暗号通貨周辺の技術や値動きの背景を知ることは、とても興味深いのです。

そして、ただ投資をおこなうだけではなくて、
「投資でお金を増やしてどうしたいのか?」
についても考えるようにしています。

結局、私たちは、
「お金を手にした先にあること」
を追い求めているのですからね。

お金が増えていくこと自体はそれなりに楽しいですし、
生活に対する安心感は増しますが使わなければ数字の羅列にすぎません。

「お金を増やすことで、誰と何をしたいのか?」

その答えを探す旅路がとても大切だと感じています。

記事作成者:Oda