広告枠
    FinancialLabTOP > 投資家の生の声 > 【投資家の生の声】Hamadaさんー投資を始めたことによる変化ー
2017年12月21日

【投資家の生の声】Hamadaさんー投資を始めたことによる変化ー

The following two tabs change content below.
大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

普段は個人投資家として活動しつつ、「日本人の金融リテラシーを向上させる」ことを使命として投資教育メディア『ファイナンシャルラボ』を運営しております。山口県下関市出身。

このページでは実際にファイナンシャルラボを通じて投資を体験した、スタートした投資家さんの生の声を紹介しています。

これから投資を志す皆さんには、何よりも実際の投資家さんの実際の声が参考になると思います。

ご一読いただき、ご自身のこれからの投資活動に向き合うきっかけにしてみてください。

投資家:Hamadaさんの生の声

Hamadaです。

私が投資を始めるに至った経緯

私が投資に出会ったのは約5年前に国内不動産を購入したときです。

当時、家と会社との往復となっていて仕事や普段の生活に対して疑問に思ってたため、情報収集も兼ねて外部で色んな方と会っていました。

国内不動産を買うきっかけとなったのも人と会った結果、紹介という形で不動産販売会社の社長を務める方と出会ったためです。

今思えばその時は自分の頭で考えることなく相手に言われるがまま購入していました。

まったくデューデリもせず過去の実績なども確認してなかったので、今となっては「本当に危ないことしてたな~」と感じてます。

感情任せで投資したり、人を信用して実績を確認せず投資するのは、投資家として「絶対にやってはいけないこと」なので注意してくださいね。笑

結果的にその方が紹介してくれた物件は今でも問題なく回っており、不動産の特徴であるゆっくりではあるが確実に資産が増えているのでよかったですが。

こんな形で自分では全く考えていませんでしたが、「出会いがきっかけ」で私の最初の投資が始まりました。

投資を始めたことによる変化

投資を始めたことによって、大きく2点の気づきがありました。

1点目は「労働収入が全てではない」ということです。

私は会社員として働いていますが、社内の人を見ていると収入を上げるためにいかに会社や上司に対して良く見せるのか?だったり、ライバルをけり落とすようなことが良く起きていました。

結局は働く以外に収入を上げる方法を知らないためこのようなことになっていると思います。

そのような方法で収入を上げたとしても私には幸せそうには見えませんでした。

2点目は「会社員は社会的な信用度が高い」ということに気付きました。

最初に不動産投資を始めたからですが、基本的に不動産投資をする場合、銀行からお金を借ります。

しかし、個人事業主やフリーランスでどんなに年収を稼いでいても、信用度が低いため銀行はお金を貸してくれません。

そう思うとどんな立場でもメリット・デメリットがあることが理解できました。

以上、大きく2点の気づきを得ることで私の働き方に大きな変化が生まれました。

投資を始めたことによって、普段の生活の中で心理的な余裕が生まれたため周りをあまり気にすることなくなりたい自分に対して、自分を成長させられるようになってきていると感じています。

記事作成者:Hamada