広告枠
    FinancialLabTOP > 投資家の生の声 > 【投資家の生の声】川邉典昭さんー稼ぐ力と、増やす力は、イコールではないー
2017年12月21日

【投資家の生の声】川邉典昭さんー稼ぐ力と、増やす力は、イコールではないー

The following two tabs change content below.
大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

普段は個人投資家として活動しつつ、「日本人の金融リテラシーを向上させる」ことを使命として投資教育メディア『ファイナンシャルラボ』を運営しております。山口県下関市出身。
 このページでは実際にファイナンシャルラボを通じて投資を体験した、スタートした投資家さんの生の声を紹介しています。
 
これから投資を志す皆さんには、何よりも実際の投資家さんの実際の声が参考になると思います。

ご一読いただき、ご自身のこれからの投資活動に向き合うきっかけにしてみてください。

投資家:川邉典昭さんの生の声

川邉です。

最近投、資活動を始めたことで、色入な気づきがありました。

中でも強く感じているのは、稼ぐ力と、増やす力は、イコールではないということです。

世間では、何かとサラリーマン、事業主含めて「年収」というものに目がいきがちです。

ですが、投資においてはほとんど関係ありません。

高い年収を稼いでいることが、投資をする上で決して有利ではない、ということがわかりました。

世間の人たちは、年収が2000万とか3000万と聞くと、それなりの高い生活イメージを持たれるものですよね。

私も、会社に入社した新人の頃は、同期メンバーと仕事を競い合ったり、

年収1000万円を稼ぐぞ!と意気込んでましたね。

(あの時は熱かった・・・笑)

そして、それと同時に、年収1000万円稼いでる人は、

「きっといい生活してるんだろうなぁ」とか、「貯金もおそらくこれくらいはあるだろうなぁ」とか、想像をしていたのを覚えています。

そんなこんなで、会社の仕事に全うした結果、私は世間の平均年収よりは高い収入を得ることができてました。

できていたのですが・・・

今までの私は「稼ぐ」ということばかりにフォーカスしていて、「増やす力」が全くない状態だったのです。

当然ですが、金融の知識もないため貯金どころか、生活資金をどうしていこうか?

というレベルでした。

ですが、投資を始めたことで、また、投資をやっている人たちと関わりをもつことで、私の中の階段が1段上に上がることができたと実感しています。

投資を始めたことで、お金を今まで以上に大事に扱い、無駄遣いをしなくなりました。

特に、お金を「増やす力」のパフォーマンスの凄さを学んだ事が大きいと思っています。

私もまだまだ投資初心者ですが、これからもしっかりと学び、知識を吸収し、幸せな将来が見える生活が出来るように、実現に向けて取り組んでいきます!

記事作成者:川邉典昭