広告枠
    FinancialLabTOP > 投資家の生の声 > 【投資家の生の声】三木原達也さんー投資を始めた事による変化ー
2017年12月21日

【投資家の生の声】三木原達也さんー投資を始めた事による変化ー

The following two tabs change content below.
大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

普段は個人投資家として活動しつつ、「日本人の金融リテラシーを向上させる」ことを使命として投資教育メディア『ファイナンシャルラボ』を運営しております。山口県下関市出身。
このページでは実際にファイナンシャルラボを通じて投資を体験した、スタートした投資家さんの生の声を紹介しています。
 
これから投資を志す皆さんには、何よりも実際の投資家さんの実際の声が参考になると思います。
 
ご一読いただき、ご自身のこれからの投資活動に向き合うきっかけにしてみてください。

投資家:三木原達也 さんの生の声

三木原です。

投資を始めるに至った経緯      

 私が初めて投資をしたのは25歳のときでした。

当時、ビジネス本を読み漁っている時期があり、その中の一冊で、『金持ち父さん、貧乏父さん』を読んだときに大きな衝撃を受けました。

「お金持ちになるにはビジネスオーナーになるか、投資家になるしかない」

確かこういうことを言ってたと思いますが、今でも頭に残ってます。

自分はこの本を読んで初めて、労働以外にお金を手に入れる方法があることに初めて気づきました。

とはいえ、新しい事や未体験の事に自分一人で手を出すのはとても勇気が要りますし、なかなか思い切って手を出すのは難しいものですよね。

「でも、今の生活をどうしても良くしたい

という気持ちが強かったので私は投資をしようと決断しました。

そこで、初めて行った投資が海外の「積立投資」でした。  

投資を始めた事による変化     

投資を始めてから知りたい事が多くなりました。

世の中の仕組み、経済の流れ、お金とは、株式、不動産と、投資に関連することにキーワードが気になると調べるクセがつきました。

すると、無知だった自分が少しずつ知識をつけていき、「世間で言う投資=怖い」という状態だったのが、「今後なにも準備をしない人生=もっと恐ろしいな」と、危機感を強く抱くようになったのを今でも覚えています。

今の時代、何もしなければ誰も救ってくれません。

何も動かなければ何も変わらないのです。

国や政府が私たちの事を救ってくれる、という時代はもう過ぎ去ったという事に気づくことができました。

_おまけ

まずは自分が無知であることを自覚する事が必要です。

やはり、知らないって恐いなと思います。

情報弱者、デューデリなどの単語も、マスメディアのマスの意味も、投資をやるまで意識したこともありませんでした。

また、資産運用を始めるにあたって、「単語、言葉」など理解することがとても大事だなと思います。

英語と一緒で、単語がわからなくなると、「内容が意味不明→つまらない→向いていない」といった負のスパイラルに陥りますから。

資産運用もこれと同じだと私は思います。

投資の仕組み、全体像を知り、その都度わからない単語は調べて納得したら実際に投資をしてみる。

この繰り返しが、投資家としての経験値を上げていけると思います。

記事作成者:三木原達也