広告枠
    FinancialLabTOP > 投資家の生の声 > 【投資家の生の声】Hamadaさんー投資家としての近況ー
2017年12月21日

【投資家の生の声】Hamadaさんー投資家としての近況ー

The following two tabs change content below.
大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

普段は個人投資家として活動しつつ、「日本人の金融リテラシーを向上させる」ことを使命として投資教育メディア『ファイナンシャルラボ』を運営しております。山口県下関市出身。

このページでは実際にファイナンシャルラボを通じて投資を体験した、スタートした投資家さんの生の声を紹介しています。

これから投資を志す皆さんには、何よりも実際の投資家さんの実際の声が参考になると思います。

ご一読いただき、ご自身のこれからの投資活動に向き合うきっかけにしてみてください。

投資家:Hamada さんの生の声

どうも、Hamada です。

現在の私の投資家としての状況としては、次の1〜4のように比較的スパンの長いものから短いものまで幅広く実践しています。

  1. 日本国内および海外の区分マンションの所有
  2. 海外積立、
  3. ファクタリング
  4. デリバティブなどなど・・・

このようにしてみると、とても多くの案件に手を出しているように見えますが、利益額としては自分が目標とするところに対してまだまだであります。

また、それぞれに対して何かしらのリスクがあるため、そのリスクを分散する上でも、他の投資を実践していきたいと考えています。

そして、このマインドは今後、投資を実践する際には、見逃せない要素ですので、投資に興味があるならぜひ知っておいて欲しいですね。

投資はどれだけ突き詰めてもリスクが伴います。

ですので、いかにリスクを最小限に抑えて利益配当を得るかという点が重要なポイントだと私は考えています。

また、今まではどちらかというと個人で動いて情報を取ってきたため、最近では積極的に投資家の仲間を作ろうとしています。

その方が新しい情報も入り易いですし、何より自分のモチベーションにもなっているのでもっと早く仲間作りに時間を使っていれば良かったなと感じました。

その他日々思う事

私が会社員ということもあると思いますが、基本的に会社でお金の話をすると言ったら、突き詰めていくと「お金がない。」って話しか出てこない気します。(良くて投資信託とかふるさと納税など)

それにお金がないから給料を上げたい、昇進したいって大体の人が考えてますが、お金を扱うマインドや扱い方が分かっていない状況で上がったとしても結局、状況は変わらないと考えています。

そう思って会社内でも仲の良い人などには、投資やお金について話をしたりするのですがイマイチ理解されないというか、「恐怖が先行」していて結局は前に進んでいません。

まあ、私も投資を始めた当初は、「本当に、これは大丈夫かな?安心なのかな??」と、怯えていましたので、気持ちは理解できるんですよね。

私は別に「世界の人が幸せになればいい」なんて、大それた事は特に考えていません。

ただ、自分や家族が幸せになったとしたら、その先は自分と関わる人をもっと幸せにしたいなと思っています。

そのために投資をやっています。

なので、自分自身がもっとお金や投資について学び、そして実践をして少なくともお金について困っている人がいれば、助けられる自分でいたいなと最近考えています。

記事作成者:Hamada