広告枠
    FinancialLabTOP > 投資家の生の声 > 【投資家の生の声】Yukiさんー投資力とはお金を管理する能力ー
2017年12月21日

【投資家の生の声】Yukiさんー投資力とはお金を管理する能力ー

The following two tabs change content below.
大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

普段は個人投資家として活動しつつ、「日本人の金融リテラシーを向上させる」ことを使命として投資教育メディア『ファイナンシャルラボ』を運営しております。山口県下関市出身。

このページでは実際にファイナンシャルラボを通じて投資を体験した、スタートした投資家さんの生の声を紹介しています。

これから投資を志す皆さんには、何よりも実際の投資家さんの実際の声が参考になると思います。

ご一読いただき、ご自身のこれからの投資活動に向き合うきっかけにしてみてください。

投資家:Yukiの生の声

Yukiです。

私が資産構築の中で最も必要だと思う要素の1つは「お金を管理する能力」です。

資産の構築にはそれなりに時間と労力がかかります。

これは収入が多い、少ないにかかわらず、どんな人でもある程度の時間を掛けて構築する必要があると考えています。

私には資産構築のメンターがいるのですが、ある日資産構築についてメンターからこんなことを言われました。

「富の構築には、今の収入の大小は関係ありません。富を構築するために必要なのは、お金を管理する能力です。お金の管理能力を磨くことができた人が富を構築することができます。」

最初にこれを聞いたときは、私自身何を言われているのか全く理解ができませんでした。

資産は収入の多い人が築けるものであり、収入の低い人は一生掛かっても資産など造ることはできないと思い込んでいたからです。

収入の多い人は多い分だけ貯蓄をし、資金を蓄え、潤沢な資金を活用して資産を増やす。

収入の少ない人は貯蓄をすることもできず、資金も蓄えられず、当然資金もできませんから資産を増やすことはできない。

収入の大小による資産構築のスキームができあがっていました。

ですが、メンターから「世の中には何千万円も年収があっても、税金を支払うために毎年お金を借りている人もいるのです。

たくさん入ってきても、入ってきた分だけ浪費や消費に使ってしまえば資産を増やすことはできません」と教えてもらいました。

税金を支払うためにお金を借りる?

私には信じがたいことでしたが、現実にそのような人は存在します。

年収5,000万円でも、浪費と消費を続ける人はお金が自分の主人になってしまい、お金に振り回されお金を管理することができていません。

月収15万円でも、浪費を抑え毎月2万円貯蓄をできている人は、自分がお金の主人になってお金に振り回されずお金を管理することができています。

この二人の未来の違いは明らかです。

資産構築には近道や裏技はないと思います。

今の収入が多くても少なくても、お金の管理能力を磨き、今現実に手元にあるお金を管理し資金を造っていくことだけが資産構築の道だと思います。

私も最近、やっとこのことが腑に落ちるようになりました。

これからも、現実のお金を管理し、少しずつ資金を造り資産構築をしていこうと思います。

投資家:Yuki