広告枠
    FinancialLabTOP > 投資家の生の声 > 【投資家の生の声】Risemartさんー私が投資を始めたきっかけー
2017年12月21日

【投資家の生の声】Risemartさんー私が投資を始めたきっかけー

The following two tabs change content below.
大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

普段は個人投資家として活動しつつ、「日本人の金融リテラシーを向上させる」ことを使命として投資教育メディア『ファイナンシャルラボ』を運営しております。山口県下関市出身。
このページでは実際にファイナンシャルラボを通じて投資を体験した、スタートした投資家さんの生の声を紹介しています。

これから投資を志す皆さんには、何よりも実際の投資家さんの実際の声が参考になると思います。

ご一読いただき、ご自身のこれからの投資活動に向き合うきっかけにしてみてください。

投資家:Risemart(ハンドルネーム)

Risemartです。

私が投資に入ったきっかけは、職場で将来自分のもらえる年金を計算してもらったことからです。

見ると唖然とする金額の少なさで、働けなくなったらとても今の生活を支え、税金を払うことは無理と思い、いかに不労所得を増やすかを考ました。

それまで、お金のことは妻に任せっきりで無頓着だった私ですが、それからはネットで調べたり、各種セミナーに参加して情報を集め、高額塾にも無駄に参加したりして、とにかく本業以外で収入の柱をたくさん作ることを考えました。

それには物販、FX投資、アフィリエイト等ネットで流行りの副業も試しに検討してみましたが、これらは自分で売買手続きをしたり、ネットでトレードしたり、ページを作ったりやはり時間をかなり使って労働をすることになってしまい、本業が疎かになってしまいそうでした。

そこで、手離れの良いと言われる本当の意味での不労所得であるものに自分は絞ろうと思いました。

それには、投資とは思わずやっていた昔住んでいた家を貸家に出すことから始まり、不動産投資を拡大させることにしました。

大都市郊外のアパートや海外コンドミニアムなどを買い進め、初めてキャッシュフローという言葉を実感できました。

本業の手取り収入より毎月稼げています。

今年は不動産投資を短期で大成功させた人を真似て、なるべくフルローンで一気に複数の物件を購入するべく動いています。

さらにそれだけでは収入の柱の種類が少ないので金融投資にも着目しています。

投資クラブに入り、ロバート・キヨサキの言うように「お金を働かせて」お金を増やすようにしています。

この利点は自分で金融トレードをするのでなく、プロに任せることで自分の時間を使わず、あくせく働かずして、ほんとうの意味の不労所得を産んでいることです。

振り返ってみると、こうした方向に来られたのも、金融や不動産に関するリタラシーを高める情報集めや勉強が欠かせないなと思います。

投資の成功は資金の多さよりも、勉強にあるのかなと思います。

投資家:Risemart(ハンドルネーム)