広告枠
    FinancialLabTOP > お金の一般常識を知る > 貯蓄 > お金の価値がずっと変わらないという幻想を抱いている人へ
2017年12月23日

お金の価値がずっと変わらないという幻想を抱いている人へ

The following two tabs change content below.
大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

普段は個人投資家として活動しつつ、「日本人の金融リテラシーを向上させる」ことを使命として投資教育メディア『ファイナンシャルラボ』を運営しております。山口県下関市出身。

動画を文章に起こしたものはこちら

今回は日本銀行券を大切にし過ぎている人へ、

要するに千円札、一万円札をすごく大事に大事にしている

人たちにメッセージを伝えたいと思います。

 

何かといいますと、私は仕事柄海外の土地の視察に行ったり

海外積立の運輸先であったり、

海外に行くことがありますが日本円を使えないです。

エクスチェンジしますが、

こう思ったことがあります。

 

なんだこの紙は?と。

 

普段触ってない紙なので、

ついつい使いすぎたことありませんか?

普段使っている紙じゃないので、違和感があります。

お金なので大切なのですが、

日本円の時と違って使ってしまうんです。

そこには大きな違いがあります。

 

僕らは物心がついた時から、

お札と長い付き合いがあります。

使用頻度が多かったわけです。

接触も何度もしてきました。

 

その福沢諭吉先生(一万円札)の力より、

色々な経験や対価であったり

たくさんのものを貰ってきたので僕らにとってはすごく大事な存在だったのです。

でも、海外にお札に載っている人を見ても誰だかわからない。

さらに紙質も違うし色も違う。

なのでついつい使いすぎてしまうこともあったと思います。

 

なぜ使いすぎてしまうのだろうと思ったら、

使用頻度に対する安心感が違ったんです。

お世話になっている数が違うのです。

 

私自身も日本のお金を大切にしてきました、

そして大切にしている人が多いなと気づいたのです。

海外から見た日本円は僕らが海外のお札に対する思いと

同じ感覚なんです。海外の方は日本にきたらすごい使います。

 

なので海外から見たらただの紙切れなんです。

皆さんと同じ感覚です。

お金ってすごく大事なんですけど、

意味もなく大事にしすぎる必要はないのです。

海外のお金と価値は同じなのです。

確かに変動しますので為替リスクはありますが、

同じ紙なんです。

 

その紙というものに対してもっと、ありがとうではなく

うまく使っていこうと、ツールとして使おうと、

紙がいっぱいあれば便利なのはわかるけど、

増やすにはどうしたらいいのか。

紙を違うところに持って行って、2倍になって返ってくる。

これを掛け算で何回かやったら増えるんだという感覚になってほしいです。

 

一番間違えてはいけないのがお金が大事だから、

離れたくないから握りしめてずっと持っている方が非常に危険です。

世の中インフレが起きているのです。

インフレが起きている以上、お金の価値というのがどんどん下がっていくのです。

 

マネタリーベースもあがっていくと、

お金の量が増え1円あたりの価値がさがります。

50年前の大学卒業したひとの平均年収は、

2万円だったのが今は20万円になっているわけです。

10倍も価値が下がっているわけです。

 

そうなってきた時に大事に大事にお金を握りしめている人生では、

お金の価値の目減りについていけなくなってしまうのです。

なのでお金というのを見方を変えた方がいいです。

いつか価値が下がるものだと見切って、

お金というのは動かした方がいいものだということで

しっかり情報を取り、しっかり運用していくことによって

増やして行くということがお金の吹き上げ方として正解なんです。

 

なので、日本銀行券という言い方をしたほうがいいです。

本当にただの紙なので言語と同じです。

紙切れをうまく使って紙を増やす。

そういうRPGゲームだと。

お金を増やすゲームだと思って下さい。

日本銀行券に依存しないように、思い出をすり込まないように

情を深くやらない方がいいと思っています。