広告枠
    FinancialLabTOP > お金の一般常識を知る > 年金 > 老後のために一生懸命積み立てている年金は運用に使われている
2017年12月23日

老後のために一生懸命積み立てている年金は運用に使われている

The following two tabs change content below.
大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

普段は個人投資家として活動しつつ、「日本人の金融リテラシーを向上させる」ことを使命として投資教育メディア『ファイナンシャルラボ』を運営しております。山口県下関市出身。

動画を文章に起こしたものはこちら

意外な事実かもしれませんが、

みなさんが一生懸命払っている年金。

 

この年金というのは将来のためにお金を取っておいて、

あとで渡しますという形で一時的に保管している。

このように認識している方が多いと思います。

 

しかし実際はそうではなく、

みなさんから預かったお金は

投資資金として運用されていると知っていましたか?

 

なんと、

投資にまわされていたんです。

しかし運用するのも頷けます。

 

なぜならば、

人口ピラミッドは本来こうあるべきなんです。

少ない上の世代を大多数が支えるからこそ、

年金というのは成り立っているのですが、

これがどんどん壺型になり

逆三角形になってきました。

 

そうなると下が少なくて

上が多いという状態になってきました。

なので年金として集めるお金で

ここを賄おうとしても賄えないのです。

 

ではどのように賄っていくか。

 

少ない資金を大きくして当て込むしかないのです。

集める資金を上の世代にそのままあげても足りないわけですから。

将来的にさらにこれが大きくなった際に、

小さいお金でここを賄えるわけがないんです。

 

そうなるとやはりここで集めたお金を、

運用してからここに当て込む必要になるので

運用するというのは、

ピラミッドが崩れているところに関しては、

絶対しなきゃいけないのです。

 

年金の運用というのは日本で一番大事な運用だと思いませんか?

なぜなら投資家がみなさん全員なんです、

私はみなさん実は投資家なんですってお話をさせていただきますが、

預金されている方。

普通預金で金利0.001%もらっているわけですが、

それも銀行が運用した利益の配当をもらっています。

 

同じくみなさんが納めている年金も実は、

投資に使われていたんです。

既に2つの投資案件に投資していたんです。

 

年金の運用は厚生労働省のHPを見てもらえれば、

どのように運用されているか出てきます。

実は年金はポートフォリオを組んでいます。

その全体の40パーセントが海外の案件です。

 

外国の債権であったり、

外国の株式にお金を入れています。

海外の優秀な企業の株を買っていたり、

投資信託を買っているんです。

 

国内の会社を応援する元気なとこに投資をして、

増えてから海外のほうにも期待しています。

海外の方が伸びるだろうということが見込めるからこそ、

年金として預かった大切なお金の中から、

約半分の40パーセントの資金を

海外の株式、債権にお金を入れているという形になります。

 

日本で一番大事な資産運用だと思いませんか?

出資者がなぜか国民全員なんです。

 

この投資を失敗するわけにはいきませんので、

一番硬く且つ、情報が一番集まっている国だからこそ

選んでいる先になっています。

 

ということは、

一番情報をもっているところは、

みなさん一人ひとり個人よりも国の方が情報持っていると思いませんか?

そうであれば、

その国がやっているこの投資方法を

真似することが一番早いと考えます。

 

海外の案件の情報を持っている国が、

一番大事なみなさんから集めた資金の運用先として

海外を選んでいるという事実なんです。

日本の国内だけの債権、株式に囚われることなく

海外の案件をしっかりグリップしていることが、

日本としての答えなんです。

 

海外の案件に投資するというのは、

資産運用にとって一つの正解だと私は考えております。

実際模範解答として、

厚生労働省が発表していますので

あなたもHPを見てもらえればと思います。