広告枠
    FinancialLabTOP > お金の一般常識を知る > 年金 > 確定拠出年金はどういう資産配分で運用していけば成功するの?
2018年3月17日

確定拠出年金はどういう資産配分で運用していけば成功するの?

The following two tabs change content below.
大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

普段は個人投資家として活動しつつ、「日本人の金融リテラシーを向上させる」ことを使命として投資教育メディア『ファイナンシャルラボ』を運営しております。山口県下関市出身。

昨今、マイナス金利政策の導入や、年金についての不祥事の発覚が相次ぎ、老後の生活資金への不安が拭い切れない人も多いのではないでしょうか。

そんな中注目されているのが確定拠出年金です。

以前は企業型確定拠出年金しかなく、加入できる人に制限がありましたが、制度の改正によって個人型確定拠出年金(iDeCo)が誕生し、より多くの方が加入できる資産運用方法として注目されています。

この確定拠出年金の最大のメリットが、運用を自分で行えるという点です。

やり方次第では利回り5%の高い運用を行うことも可能になってくるため、今加入する人の数が増えて来ています。

しかし、資産運用経験のない方にとっては、どう運用していいかわからず勘で行なっているという方も多いのではないでしょうか。

本記事では、確定拠出年金を運用する上で抑えておくべきポイントについて解説していきます。

確定拠出年金の基本的な仕組み

運用方法を学ぶ前に、まずは確定拠出年金の仕組みについて知っておきましょう。

確定拠出年金とは、「拠出」「運用」「受給」から成り立っており、簡単に言えば「毎月の積立金を拠出し運用することで老後に受け取るお金を増やそう!」という年金制度です。

20歳以上60歳未満のほぼすべての国民が加入することができ、個人型と企業型の2種類があります。

下表1の通り、個人型は加入も運用も自己選択・自己責任となっています。

表1、個人型確定拠出年金(iDeCo)と企業型確定拠出年金(DC)の違い

確定拠出年金 個人型確定拠出年金(iDeCo) 企業型確定拠出年金(DC)
加入

自分の意志で入る任意加入
※加入条件あり

会社が退職金制度として導入している場合に加入
※加入対象者が決められている、または加入するかを選べるケースもある

掛金 自分が負担 会社が負担
納付方法

自分の口座から振替
※給与天引きにして、会社から納付してもらうことも可能

会社から納付
※会社負担分に従業員本人が上乗せして拠出できるケースもある(マッチング拠出)

金融機関の選択 自分が選択 会社が選択
運用商品 自分が契約する金融機関で用意している商品から選ぶ 会社が用意している商品から選ぶ
口座管理料 自分が負担

会社負担のケースが多い
※従業員本人が負担するケースもあり、制度の規約で定められている

【引用元:iDeCoナビ「自分で作る個人型確定拠出年金iDeCo」

企業型は、企業が従業員の福利厚生の一環として設けていることが多いようです。

自分で運用できるという点から国民年金や厚生年金より収益性が高いうえ、掛金が所得控除になったり運用利益や受取額が一定額まで非課税になったりすることも魅力的です。

ここで注意したいのは、確実に積立金が増えるわけではないということです。

その時々の経済情勢や運用状況により、減ることも考えられます。

損をしないために、予め用意されているどの運用管理機関・運用商品を選択するか、見極めることが大切になってきます。

確定拠出年金で運用できる金融商品とは?

個人型にせよ企業型にせよ、運用管理機関については手数料や取り扱っている運用商品数等を比較し選択する必要があります。

ここではその選択の要となる運用商品について、具体的に取り上げていきます。

確定拠出年金では、始める際に運用商品をそれぞれ何%ずつ購入するかを決めます。

そして経済状況に合わせて、それぞれ買う商品のパーセンテージや運用商品を自分で変更することができるのが確定拠出年金の特徴です。

申し込む確定拠出年金の種類によって運用できる商品は異なりますが、大きく分けて次の2種類、「元本確保型商品」と「投資信託」に分かれます。

この2つを組み合わせる、または片方の中で金融商品のパーセンテージを決めることにより自分自身で資産運用をしていくことが確定拠出年金の醍醐味とも言えるでしょう。

元本確保型商品

その中でも元本確保型商品とは、満期を迎えるまで続けることで元本が回収でき、さらに契約時に提示された利率の上乗せ金額をほぼ確実に受け取ることが出来る商品です。

名前の通り、元本の安全性・収益の確実性が高いという利点があります。

こちらは元本割れが怖い人や、コツコツ確実に増やしたい人向けです。

デメリットは、大きく収益を増やしたい場合には不向きであることや、中途解約の条件次第では元本割れの可能性があることが挙げられます。

種類としては、預貯金商品や生命保険、損害保険商品等があります。

保険商品の方が利回りがよいように見えますが、最近はマイナス金利の影響で、預貯金商品でも保険商品でも収益の差はほぼありません。

また、銀行の元本確保型商品は、ペイオフの対象となっているため、いざというとき、100%とは言わないまでも安心できる対策が取られているようです。

【引用元:たあんと「みんなは何を選んでる?タイプ別iDeCo(イデコ)おすすめ運用商品」

投資信託

投資信託では、運用管理機関が多数の投資家から少額を集め、様々なところに分散して運用をしていきます。

元本確保型に対して元本変動型とも言われます。

最近では、ワンコインや1000円と少額から始められるうえ、収益性が高く、運用次第では大きな収益を生み出せる可能性もあります。

また、運用についての細かい投資判断は運用管理機関が行ってくれます。

しかし元本割れの可能性もあり、ハイリスクハイリターンのリスク性商品です。

購入手数料がかかるものがあったり、投資信託で成果が出るまで待つ間の利用料とも言える信託報酬がかかったりすることもデメリットと言えます。

種類としては、国内外株式・国内外債券・国内外REIT(不動産投資)、バランス型(分散型)等への投資があります。

また、手数料が安く運用の目標となる指標と同じ動きを目指すパッシブ型や、手数料は高いですが指標を上回る成果を目指すアクティブ型という種類があります。

【引用元:たあんと「みんなは何を選んでる?タイプ別iDeCo(イデコ)おすすめ運用商品」

ハイリスクハイリターンの資金配分例

金融商品の知識や運用の経験が豊富かつリスクを覚悟のうえでハイリターンを狙う人は、元本変動型がおすすめです。

外国株式や外国債は、為替の値動きが激しいため収益が大きく上がることが期待されます。

ですが先ほども述べた通り、もちろんその逆に大きく下がる可能性もあることを忘れてはなりません。

ミドルリスクミドルリターンの資金配分例

元本確保型商品の利回りだけでは満足できない、多少のリスクは負うが、安全性も重視したいという人におすすめです。

国内株式や国内債券に中心を置きつつ、そこに肉付けする形で海外資産の運用も取り込むことでバランスの取れた資産運用が期待できます。

絶対損だけはしたくない、確実なローリスクローリターンの資金配分例

確実性の高いローリスクな資産分配例としては、元本重視型とも呼ばれ、定期預金や個人向け国債等が挙げられます。

特に個人向け国債は、普通に預貯金するよりも利回りがよく無難な選択肢とされています。

確定拠出年金の運用に成功するコツとは?

確定拠出年金の運用に成功するかどうかは、すべては自分の掛け金をどの金融商品に資産配分をするかにかかっています。

そのためにはどの投資商品がどのようなリスクとリターンをもたらすのかを知っておく必要があります。

積極的な情報収集と、無数にある商品の中から、自分の収入状況やライフステージに合わせて無理のない運用をすることが成功のコツと言えるのではないでしょうか。