広告枠
    FinancialLabTOP > お金の一般常識を知る > 保険 > 不動産投資には生命保険と同じ効果がある?
2018年2月6日

不動産投資には生命保険と同じ効果がある?

不動産投資には生命保険と同じ効果がある?_001
The following two tabs change content below.
大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

普段は個人投資家として活動しつつ、「日本人の金融リテラシーを向上させる」ことを使命として投資教育メディア『ファイナンシャルラボ』を運営しております。山口県下関市出身。

世帯主の死亡や老後の生活費に備えるために生命保険に加入する人は多いでしょう。

しかし、これらの役割を果たす金融商品は生命保険だけではありません。

実は、不動産投資には生命保険と同じ働きがあり、より少ないコストで保障を得ることができる方法として今注目されています。

本記事では、生命保険の特徴をお伝えした上で、不動産投資で得られる生命保険と同じ効果について詳しく説明します。

生命保険は資産運用に適しているとは限らない

保険とは本来、世帯主の死亡や病気など万が一のときの経済的な損失に備えるためのものですが、資産運用の手段として活用される場合もあります。

養老保険、学資保険などはその代表例です。

しかし、生命保険の種類によっては資産運用の手段として適していないものもあります。

まずは、基本的な保険の種類(定期保険、終身保険、養老保険・学資保険)についてそれぞれの特徴をご説明いたします。。

保険料が割安な定期保険

定期保険は保障額に比べて保険料が安いことが特徴ですが、死亡したり後遺障害を負ったりしない限り保険金を受け取ることはできません。

そのようなアクシデントがない限り保険料は掛け捨てとなり、資産運用の手段にはなりません。

保障が一生涯続く終身保険

終身保険は保障が一生涯続くことが特徴です。

定期保険とは異なり、解約すると解約返戻金を受け取ることができます。

しかし、契約で定めた保険料をすべて支払うまでは解約返戻金が支払済保険料の総額を下回り、元本割れになってしまいます。

終身保険を資産運用に活用するには、契約で定めた保険料をすべて支払うことが前提になります。

貯蓄性のある養老保険・学資保険

養老保険は老後の生活資金を準備するための保険です。

貯蓄する役割に加えて、契約期間中に死亡した場合に保険金が支払われる保険としての役割もあります。

貯蓄と保険を兼ね備えていることから、保険料は高くなる傾向があります。

学資保険は子供の進学時の費用に備える保険です。

契約期間中に親が死亡した場合はその後の保険料の支払いが免除されますが、契約はそのまま有効で、所定の時期に保険金が受け取れることが特徴です。

保険料で保険会社の運営費も負担している

生命保険を資産運用の手段として考えるときは、支払った保険料がどの程度運用の原資となっているかに着目する必要があります。

契約者が支払う保険料は、将来支払われる保険金の原資になる部分(純保険料)と、保険会社の運営費用に充てられる部分(付加保険料)からなっています。

生命保険を利用しないで貯蓄する場合に比べて付加保険料の分だけ運用の原資が少なくなるため、その分損をしているという考え方もできます。

生命保険では保険会社のプロが資金を運用するため、自分で貯蓄するよりは高い利回りが期待できるかもしれません。

しかし、運用で得られる利回りが低くなることよりも、運用の原資が少なくなることの方がリターンに大きな影響を及ぼすことを頭に入れておかなければなりません。

不動産投資で得られる生命保険と同じ効果とは?

不動産投資では、住宅ローンを組んでアパートやマンションなどの賃貸物件を購入し、その物件を賃貸することで収入を得ます。

不動産投資のメリットには次のようなものがあります。

  • 団体信用保険の保障が受けられる
  • 将来にわたって安定収入が得られる

不動産投資は団体信用保険の保障がつく

不動産投資を行うことで、団体信用保険の保障が受けられます。

住宅ローンを組むときは、ほとんどの場合で団体信用保険に加入します。

団体信用保険は、借入人が死亡したときや一定の状態の病気にかかったときに、保険金でローンを一括返済できる保険です。

世帯主に万が一のことがあっても、家族に無借金で不動産を残すことができます。

家族は不動産投資を継続したり、不動産を売却したり、あるいはそこに住んだりといった形で不動産を活用することができます。

また不動産投資は、生命保険に比べて保障を得るためのコストが低いことも特徴です。

生命保険は死亡したり病気になったり満期を迎えたりしない限り保険金は支払われませんが、不動産投資では物件を賃貸することで家賃収入が得られます。

純粋な支払額は「ローン返済額+管理費・修繕積立金-家賃収入」となり、生命保険に比べると低く抑えることができます。条件によっては利益を出すこともできます。

不動産投資で継続した安定収入

将来にわたって安定収入が得られる点も、不動産投資の大きなメリットのです。

不動産投資では、毎月、ローン返済や管理費等を負担する一方で、一定の収入を得ることができます。

ローンを完済した後であれば、家賃収入の大半を利益として手元に残すことができます。

老後に年金がどれだけもらえるかわからずに不安に思っている人が多いなかで、将来にわたって安定収入が確保できることは大きなメリットになります。

不動産投資にもさまざまなリスクはありますが、それらを上手にコントロールできれば低いコストで資産を形成することができます。

生命保険と比較すると不動産投資が優位に

生命保険は万が一のときの保障を得るためのものであり、保険の種類によっては保険料が掛け捨てになることや、解約返戻金を受け取っても元本割れになることがあります。

また、払い込んだ保険料のすべてが将来の保険金の原資になるわけではなく、資産形成には不向きな部分もあります。

不動産投資は団体信用保険による保障が得られるため、生命保険と同じ効果を得ることができます。

しかも、生命保険に比べて低いコストで保障が得られます。

また、将来にわたって安定収入が得られるメリットもあります。

万が一のときの保障や老後に備えるための手段として生命保険への加入を考えているのであれば、新しい選択肢として、不動産投資を検討してみるのも良いかもしれません。