広告枠
    FinancialLabTOP > お金の一般常識を知る > 借金 > メディアの情報を鵜呑みにするな!借金の正しい解釈を教えます
2017年12月23日

メディアの情報を鵜呑みにするな!借金の正しい解釈を教えます

The following two tabs change content below.
大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

普段は個人投資家として活動しつつ、「日本人の金融リテラシーを向上させる」ことを使命として投資教育メディア『ファイナンシャルラボ』を運営しております。山口県下関市出身。

動画を文章に起こしたものはこちら

借金って怖い、危ない。

そういうイメージあるんですが、

みなさんがそう思うことによって、

そのマインドを外して、その考え方を外して、

借りたもの勝ちだよねっていう思っている人たちが

今結構資金を持ってたりするんです。

 

ピラミッドはやはりこういう形しているので、

大多数の人が思っている考え方と違う考え方をしている人たちというのが

収入の多いところにいくようになっていますので

一般的な考え方っていうのを疑うっていうことを大前提とした方がいいと思います。

 

ということで、

借りたもの勝ちっていう考え方をみなさんに共有します。

 

どういうことかというと、

みなさんが普段何気なく過ごしているその街中で、

一番儲かっているところはどこのどの企業でどの業態なのかって考えたことないですか?

費用対効果よく儲かっているところはどこだと思います?

労働に対しての対価が多いとこです。

それはどこかっていうと私は銀行だと思っています。

 

銀行の仕組みを簡単に説明しますと、

みなさんがお金を預けて、

それを違う所に投資をしているわけです。

 

それを貸付金利5パーセントとかにしているわけです。

これがみなさんに対して金利が0.001パーセントだという形にしています。

利益の分配でいうと4999対1なんです。

 

彼らが儲かった理由はなにかというと、

お金を人から借りてるからなんですよ。

お金っていうのを人から借りて、貸しているから

金利差で自動的に権利収入が入ってきているわけです。

お金は借りたもの勝ちっていうのはこういうことなんです。

なので金利差で儲かるっていう考え方がすごい大事なんですね。

 

なのでみなさんはここをできるだけ低い金利で引っ張って、

高い金利で運用すれば利益っていうのがでるようになっているんです。

このビジネスモデルっていうのをまず一つ習得する必要があります。

じゃあみなさんも同じことをしようというところで、

お金を借りたら今度は貸します。

投資案件とかにお金をいれるわけなんです。

 

そして金利っていうのが

借りた金利より貸した金利が高ければ良いのです。

自分のお金じゃなくて借りたもの勝ちだということなんです。

でもみなさんこういう話をしてもやっぱ借りるの怖いって思ったりしますよね。

これがうまくいかなかったら借金になってしまう。

これがリスクと思ってみなさんの恐怖心を覚えて、

一歩踏み出せない原因になっているんです。

 

さらにみなさんがお金を借りるっていのが怖いと不安を生み出しているものは、

大きく2つあります。

 

ひとつはメディアからの洗脳。

情報共有ですね。

メディアから出てくる情報であったり今までの教育という刷り込みです。

 

もう1つは詐欺です。

世の中に色んな人を経済的に死に追いやっている詐欺というものが世の中にはびこっています。

しかし法的にはしっかり捌けないようになっている。

 

違和感感じませんか?

もっと法的に厳しくして詐欺を取り締まればいいのにやらない。

なぜやらないのか?

詐欺があった方が国としてはやりやすいんです。

何がやりやすいのかというと。

詐欺があるとみなさん詐欺にあった人の話を聞いて、

詐欺が怖いなと感じ

お金を借りて預けるというビジネスモデルやらないですよね。

お金を借りないってことはですね融資を受けることをしないわけですから、

チャレンジをしないんです。

 

チャレンジしないってことは何をするかっていうと、

お金を貯め続けるわけです。

貯金は大事だよね、って。

気付いた時から貯金は大事だよねって思っているので、

お金を借りるってことが怖い。

貯金は大事。

 

というメディアの刷り込みが頭に入ることによって、

マジョリティの多くの人たちがこういうような状態になっているわけです。

メディアの情報によって、

メディアが持っている意見を

自分の意見のように持ってしまいがちだということです。

 

さらに細かい詐欺であったり派手じゃない詐欺には

法的に捌けないようにある程度見逃すことによって、

お金をひっぱって運用するのは詐欺にあうから怖いという

この2つによって、

みなさんがお金を溜め続けるっていうような仕組みを作ったんです。

なので預金率が非常に高い状態になっているんです。

しかし私は借りたもの勝ちという、

銀行のビジネスモデルをやっぱりやりたいわけです。

 

この2つの考え方。

変えたら怖いっていう考え方をこう外すためには、

詐欺にあわないような方法をまず身につける。

そして自分で情報精査をしっかりする。

 

この2つができれば、

借りてこのお金を貸して

収益を取っていくっていうことができるわけです。

なのでエビデンスの取り方が非常に大事になってきます。

本物かどうかって見定める投資家としての投資案件のリサーチっていう手法をまず身につけること、

そして情報の精査です。

ニュースをそのまま鵜呑みするのではなく、

周りにいる人たちの話すことを鵜呑みにするのではなく、

自分で考え方を持つというこの2つができれば

ここに立つことは120パーセントできると、

私は断言しております。