広告枠
    FinancialLabTOP > お金の一般常識を知る > 借金 > あの銀行も実践しているお金を貸す際に重要な担保の考え方
2017年12月23日

あの銀行も実践しているお金を貸す際に重要な担保の考え方

The following two tabs change content below.
大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

普段は個人投資家として活動しつつ、「日本人の金融リテラシーを向上させる」ことを使命として投資教育メディア『ファイナンシャルラボ』を運営しております。山口県下関市出身。

動画を文章に起こしたものはこちら

担保とはなんなのか、

担保の理解をしっかり深めていただきます。

 

担保とはなんなのかというと、

AさんがBさんにお金を貸します。

でもただお金を貸して、

Bさんが連絡取れなくなって持ち逃げするリスクってありますよね?

そうなった時に口約束だけとか、

書面の契約書だけでお金を貸すということはリスクがあるんです。

 

お金を借りたけどお金を返せません、

自己破産します。

ってなってしまえば終わりになるので、

貸したお金っていうのは返ってこないリスクがあります。

 

このリスクを下がるための考え方として担保があります。

分かりやすく説明するために金額を書いていきます。

AさんがBさんに100万円を貸します。

その代わり、BさんはAさんに100万円の価値のある時計を担保として渡します。

質屋みたいな考え方です。

100万円の価値がある時計を一度預けるので100万円を貸してください。

この時計自体が担保となるんです。

 

現金ではないですが、

価値があるものを一度預けることによって

その分お金を借りますというのが担保です。

時計であったり、

不動産であったり、

例えば金の延べ棒だったりとか。

そういうのを担保にして、お金を借ります。

 

よく不動産を担保にしてっていうのは聞くと思いますが、

例えば不動産が1000万円の価値があれば1000万円までは借りれると思います。

担保を設定する上でお金を貸すのに失敗して欲しくないので

どういった貸し方をすればいいのかというと、

一度預かる担保の価値を市場調査して

しっかり担保の価値のレーベルを調べて、

その半額以下しか貸さないというスタンスを持っていればいいのです。

 

やっぱり金も不動産もですが

価値って変動しますので

そういうことを考えると半額以下になるということは

なかなか考えづらいので。

オススメとしては100万円貸す場合は、

200万円以上の担保を抑えることです。

差し押さえの契約書とか、事前に巻いておくとよいですね。

 

自動車を預かってお金を貸して返す時に、

自動車自体の価値が300万~400万円ある車を担保にして100万円を貸してあげて、

返せなかった場合はこの車はこちらのものになりますという形にする。

そうすればリスクないです。

お金が返ってこなくても担保が手に入ります。

銀行が不動産を貸す時に、

抵当権に名前を連ねたりすると思うんですが同じ考え方です。

貸している人がお金返せなくなり破産しました。

となれば不動産は銀行のものになりますよ、

ということをやっているので、

銀行もお金を貸す時担保の概念をしっかり使っているわけです。