広告枠
    FinancialLabTOP > お金の一般常識を知る > 借金 > 実はあなたの貸したお金は返してもらえない方が得をする?
2017年12月23日

実はあなたの貸したお金は返してもらえない方が得をする?

The following two tabs change content below.
大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

普段は個人投資家として活動しつつ、「日本人の金融リテラシーを向上させる」ことを使命として投資教育メディア『ファイナンシャルラボ』を運営しております。山口県下関市出身。

動画を文章に起こしたものはこちら

このタイトルを聞いただけだとどういうことか?

と思う方もいると思います。

 

普通は損しそうです。

個人的な貸し借りを信用だけで金を貸したら返ってこない

ということがほぼ全てのお金の返ってこない世の中の出来事の集合体なのです。

 

そういうことがないように、お金を返してもらえないような方が

得をするようなお金の借方をすればいいということです。

ここでは「担保をうまく活用する」ということです。

 

例えばあなたが親友Aにお金を貸すとしましょう。

この時に悪いケースは貸したお金を存分に使われ、

返せませんと言われたら終わりです。

ですので担保をうまく掴んでから、お金を貸すようにしましょう。

 

貸したお金が返ってこないとなった場合、

本来であれば100万円であれば利子を載せて110万円で返して

となるのが今回のお金貸すことなのです。

(金利が10%の場合)

ですが、その金額すら返せないとなれば、

「担保をもらいますよ」という契約をすれば、

むしろお金が返ってこない方が得をする契約に

することもできます。むしろそうすべきです。

 

担保としてもらうものが200万円以上の価値のものだとしたら、

例えば時計または不動産であったり、自動車やバイク。

ちなみにそのような価値のあるものを動産と言います。

100万円が返ってこないとなったら、200万円のものが手に入る、

お金を貸したけど返って来ないから担保は手に入るとなれば、

むしろ返って来ない方が得をすることになりますよね。

もし返ってきたら10万円しか得をしないのですから。

 

最後に、どうしたらお金が返ってこない状況で儲かるようにできるか、ですが、

全ては大事な紙切れで、つまり契約書が重要になります。

いわゆる金銭消費契約書です。

借用書みたいなものです。

このなかの文言がすごく大事で、「いくら貸すのでその代わり

担保としてこれを預かります」という内容にしましょう。

ですので、先に担保を預かってからお金を貸して下さい。

 

それを預かって貸した時に、こういう条件を満たさなかったら

無条件にこの担保を差し押さえします、と。

そういう風に担保しっかり抑えて、

市場にもっていけばしっかりお金にな戻せます。

 

ということで今回はお金を返してもらえな方が得をするということで、

お話しさせていただきました。