広告枠
    FinancialLabTOP > お金の一般常識を知る > 銀行員に勧められるがままに商品を購入してはならない2つの理由とは
2017年12月23日

銀行員に勧められるがままに商品を購入してはならない2つの理由とは

The following two tabs change content below.
大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

普段は個人投資家として活動しつつ、「日本人の金融リテラシーを向上させる」ことを使命として投資教育メディア『ファイナンシャルラボ』を運営しております。山口県下関市出身。

動画を文章に起こしたものはこちら

今回は銀行員の「こういった部分に気をつけろ」

という少し言い方は悪いですが、

気をつけていただきたいことを、

私の失敗談を交えながらお話します。


銀行員の方は銀行の研修を受けて、

「お客様にこれをおすすめしなさい」

「預金を促しなさい」

など色々あると思いますが

こういったことに言いなりになってしまうと

良くないですよという考えをお伝えします。


まずその1なのですが、

銀行員さんとのやりとりは、

どういったものがあるかというと

預金をするために銀行に行った際に、

「投資信託を買われてみてはいかがでしょうか?」

「おすすめの保険がありますので、入られてみてはいかがでしょうか?」

といったように、

銀行員の方が金融商品をおすすめしてくることがあると思いますが、

基本的には銀行員さんがおすすめしてくる商品を、

全て言いなりで契約するのはやめたほうがいいと考えます。


というのも、上記であげた2つの商品は

世界的に見たときになぜこの商品をおすすめしているのかわからない。

というような商品ばかりなんです。


ここからは多少の主観が入りますので、

ご了承いただきたいのですが

世界で売れなくて人気の無くなった商品が、

日本では売れているという事例が良くありますが、


知識のない預金者に商品を紹介しているという事実があります。

銀行というのはお金を預ける上で便利なのでみなさん預けるわけです、

そしてお金を引き出しに行ったり、

多くの資金を預け入れに行ったりした際に

投資信託であったり保険のような投資商品の紹介を受けたりするのですが。

世界の人たちは、投資信託や保険も金融資産を運用するわけですので、

商品について十分に調べた上で契約しています。


これは当たり前なことなのですが、

国内ですとこれが意外にできていないことが多いです。


これらの商品を勧めてきた銀行員の方であったり営業の方に言われるがままに

、 「この商品は大丈夫ですよ!」

と言われるがままに買ってしまいます。


これはおかしな話ですよね?


商品を売りたい人に

「この商品は大丈夫ですか?」

と聞くのは間違っています。


なので言われるがままに投資信託を買ってしまい、

結果どんどん目減りしている。

オーストラリアの債権が良いと聞いていたのに下がってしまっている。


ということが良くあります。


では投資家がマイナスになっているのに、

営業してきた方達にメリットはあるのか?

という部分ですが、営業してきた方達にはメリットがあります。


これは保険の動画でもお話しますが、

彼らは契約が取れれば良いわけです。

なので言いなりになって何でもすぐに契約しないことです。

ポイントは商品がどういう展望で自分にとってメリットがあるのか

自分で判断することなんです。


なので勉強せずに言われるがままにやるのは非常にリスキーですし、

問題があると考えます。

預金を目的で銀行に足を運んでいるのに、

違う目的で商品を紹介された時に言いなりにならないということが大切です。


「良くわからないけれど、営業の方、銀行員の方が良いと言っておすすめしているから大丈夫だろう」

と言ってどんどんお金を溶かしてしまった。

都合の悪い保険に入ってしまった。

という状況になっている方はたくさんいらっしゃいますので、

ぜひ気をつけていただきたいです。


彼らとしては、売ることができた段階で

手数料が入っていますので。


すぐに契約しないということを心がけてください。

ご自身で調べてからやる。

投資商品というのは自分で調べて問い合わせに行くのは良いことです。


しかし調べず勧められるがままにやるのは良くないです。

基本的には手数料があるから商品をおすすめしているわけなので、

説明を受けたとしても、

ご自身でしっかり調べてから。

すぐに決断をしないということが大切です。


ここまでがその1です。

次はその2なんですが、


銀行は何に投資しているのか?

銀行はどのようにして儲かっているのかというと、

銀行は預金者から預けてもらって、

預金者には0.001%という低金利で返している。


そして銀行はこの預けてもらったお金を できるだけ大きな金利で運用し利益を回して でた利息から少しだけ預金者に返すということをしています。
銀行の運用先の一つに、

不動産投資をやりたい人に融資をする。

というものがあります。


例えば不動産等投資をしたい人に、

3%で貸しましょうというようなことをしていますが

貸す相手に大家さんになるお勤めの方、

会社員の方が多いんです。


ではなぜ会社員の方に融資をするのか?

それは収入があることで空室の際に、

しっかり支払いができるかという部分もあるのですが。


それ以上に会社員の方に審査が前向きな理由があります。

それは自己破産で、家族、会社に迷惑がかけられない。

という心理があるからです。

要するに後ろめたさに融資しているわけです。


なので会社員の方の方が融資の窓口が広いということなんです。


ですので銀行は運用する資金を用意するためにも、

預金者に離れてほしくはありません、

高金利で回して低金利で返す。

この差額を取りたいので。


ということでお話しをさせていただきました。