広告枠
    FinancialLabTOP > お金の一般常識を知る > 貯金は大事?偶像崇拝のように言われる貯金神話の源と現状の差とは
2017年12月23日

貯金は大事?偶像崇拝のように言われる貯金神話の源と現状の差とは

The following two tabs change content below.
大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

普段は個人投資家として活動しつつ、「日本人の金融リテラシーを向上させる」ことを使命として投資教育メディア『ファイナンシャルラボ』を運営しております。山口県下関市出身。

動画を文章に起こしたものはこちら

今回は銀行の昔と今についてお話しします。

銀行ってどうやってできたの?

という疑問は他の動画で説明させて頂いたと思いますが、

銀行って昔と今ってどう変わってきているのかって気になりませんか?

もしかしたら昔の銀行も経験して、

今の銀行にお世話になっている方もいると思います。

一方、若い方なんかは今の銀行の姿しか見ていないよって方もいらっしゃると思います。

銀行の歴史を振り返る意味でも、

昔の銀行と今の銀行はどう違うのかと話をしていきます。

違う点はたくさんあるんですが一番わかりやすい点で言ったら、

ずばり金利が違うということ。

 

金利とはどういうことですかという方もいるかと思いますが、

ざっくり説明すると例えば100万円預けました、

お金というのを自分の理解ある人に預けました、

そしたらお金というのを返さなくてはいけないですよね?

でも、預かった100万円返すだけじゃメリットないよね。

なので貸してくれてありがとうという分で、

その100万に利息をのせます。

 

その利息の部分を金利と言います。

例えば金利1パーセントってなった場合、期間も必要です。

基本的には年間利息で計算することが多いので、

一年間でどれだけのお金に対する利息なのかということが利息だと思ってください。

なので一年間借りて、一年間貸したのだから利息払ってくださいねということです。

これが貸す相手が銀行になると、

今はどうなのかというと銀行に100万円預けます。

増えることを期待して一年間銀行にお金を貸しましょう。

これは定期預金と呼ばれるわけですが

今の金利を調べたところ、0,001パーセントなんです。

一年間で100万円を金利0,001パーセント返すということは

一年後帰ってくる金額は100万円プラス10円です。

 

100万円1年間使えないその対価として帰ってくるのが10円という状況に今なっている。

では昔はどのくらいあったのかというところですが。

80年代でいうと預ける期間にもよりますが、

1年間預けますよというと7,12パーセントついたんです。

今だと10円しか貰えないのが昔だったらこれが、71200円貰えたんです。

よくこのようなことを言う方がいます。

 

 

『貯金は大事』だと。

 

 

ちなみに私も両親から定期的に電話がかかってくるんですけど、

いつも電話にでると『元気にしている?』と同時に『貯金している?』

と聞かれます。

貯金しているよと答えるけど、毎回聞いてくるんですよね。

僕が元気かどうかの次に大事なことですね。

僕の命の次に大事だと思っているものがお金なのかわからないですけど、

なぜそんなに聞いてくるのかと言うと私の母親は貯金で100万お金を預けといて利息で71200円も貰えてた時代の人だったんですよね。

だからお金を貯金すればちゃんとお金も増えるということで、貯金は大事なんだよと貯金してる?と聞いてくるんですよね。

確かに貯金は大事ですよね、無駄遣いしなければお金は増えるわけですから。

貯金した方がいいに決まっているじゃないですか。

という時代だったんです。

増えるので0ではないから貯金した方がいいのかも知れないですけど

昔と今を比べるとそんなに今は貯金が大事なのかなという状態になっているんですね。

私は毎日資産運用の成形について色んな方にカウンセリングしているんですけど、

その中でみなさん言うんですよ。

 

『ちゃんと貯金しなきゃって思っているんですけどね』って。

 

昔はですね、これだけ金利が無害てたから貯金が大事と思って正解だと思うんですけど、

今はこれだけ金利が下がっていてそんなに利子は出ないのに貯金が大事というのは私はおかしいなって思うんです。保全は大事なんですけどね。

思うのは、貯金が大事なんですという時代もあったんだということ。

大事なのはなにかというと僕が言いたいのは金利が大事と。

こう言う風に言ってくれると意味もなく貯金している人はいなくなってたはずなんですよね。

インフレ2パーセント落としますよと国が言ってて、実際にインフレが起きてきていてコンビニのアイスとかなんて130円になったり、自動販売機も消費税は5パーセントから8パーセントに3パーセントしか上がってないのに20円上がったりとか、どんどん買い物する商品の価格が上がっているわけですよね。

総出に上がっているにも関わらず、貯金はしててお金は増えないとちょっと困りますよね。

 

お金というのはちょっとずつ増やさなきゃいけなかったから、

昔は金利というものがついてたんですけど今は金利が全然つかない。でも物価は上がってる。

じゃあ、大事なのは貯金ではなくてお金を増やしてくれる利息が大事ではないか。

昔の人たちは貯金が大事と言い伝えするのではなく、金利は大事ですと。

どのくらいの金利のところに預けるかという考え方大事なんだよという風に。

 

私の母親であったり私たちの先輩が教えてくれれば今の銀行に無意味に預けてる人なんていなかったはずです。

なので金利というものを意識した方がいいと思います。

貯金は大事!貯金は大事!と言いますけど、それは高金利で回してた時代の貯金は大事だったんですね。ということで大きな違いは金利に現るということです。

 

閲覧数ランキング