広告枠
    FinancialLabTOP > お金の一般常識を知る > 年金だけじゃ足りない?老後を豊かに過ごすために必要な金額とは
2017年12月23日

年金だけじゃ足りない?老後を豊かに過ごすために必要な金額とは

The following two tabs change content below.
大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

普段は個人投資家として活動しつつ、「日本人の金融リテラシーを向上させる」ことを使命として投資教育メディア『ファイナンシャルラボ』を運営しております。山口県下関市出身。

動画を文章に起こしたものはこちら


こんにちは。
貧しい生活とはどういう生活か。

お肉やお寿司など、食べたいものを毎日食べれないとか
海外旅行に一度もいけないとかそんな貧しい生活です。

65歳から今の平均年齢85歳の間、
ご飯食べれて生命を繋ぐことはできるけど贅沢はできない生活を
支えるのに必要な資金がなんと5000万円必要なんです。

5000万円あれば65歳から85歳まで
なんとか生活はできるというデータが出ています。

そうなった時に皆さん、今の銀行預金の数字見てください。
いくらになっていますでしょうか。

65歳に向けて、5000万円の貯金ができる状況にありますか?
少し難しい数字になっているのではないかなと思います。

退職金なんかで5000万円出るところなんて、なかなか無いと思います。

であれば、今から徐々にせめて5000万の貯金が必要です。
これに旅行だのもう少しまともな食べ物だとすると
もうプラス3000万あるとできます。

8000万くらいかかるということです。

全然足りないと思います。
足りる方ももちろんいるかとも思いますけど、
8000万の貯金できてないよ。
だったらとりあえず、5000万の貯金を目指さなきゃいけない。
5000万の貯金がない場合、65歳になった時お金が足りない訳です。

そんな中で生活していく中でどんどん食いつぶしていくのです。
年金開始年齢も、75歳まで引き上げと進んでいる状態の中で
75歳までの10年間も生きれるのかどうか。

75歳まで生きるのに2500万円必要です。
年金支給年齢も上がっていくリスクもあります。

そうなった場合にこの資金っていうのはどうしても集めなければいけない。
もし準備できなかった場合、どうなるのかってところですが。

生活保護に入って、お金をもらって生活ができる。
国が守ってくれると思っている方もいるかもしれません。

生活保護制度が恐らく、
10年、20年経たずして破綻するといわれています。

皆さんを守ろうと国が十分出せるほど
日本の借金ていうのは、余録がありますかと。

1000兆円あるわけです。

その中で生活を守るほど、財源を回せる余裕はないと思います。
そうなってくると5000万の貯金は少なくても生活する上では必要です。

平均年齢が90歳になると私は見込んでいるんですけど
それだともっと増える訳です。

なので皆さんが65歳になるまでの間に5000万円の貯金がせめてもの
準備ってのが必要だと思います。

では65歳まであと何年ありますかという所なんですが、
それは皆さんの中で答えを出していきましょう。

ちなみにあるデータがあるんですが、
毎月5万円ずつ貯金した場合
5000万円の貯金をするのに何年かかるか。

結構5万円って大きいです。

平均年収400万円の世の中で毎月5万円ずつ貯金していく。
結構重たいと思いますが、
これで5000万つくるのに61年かかります。

新卒で社会人になって、
65歳まで働いて43年しかないんです。

毎月5万円じゃ足りないんです。
じゃあ、毎月10万円の貯金をしたらいいのか。
結構パワフルです。

かなり頑張らないと貯金できないと思うんですが、
何年かかるかと言うと、42年かかります。

社会人一年目から毎月貯金しないと5000万円になりません。

毎月10万円貯金すればなんとか
5000万円は貯められるよという世界なんです。

でも新卒で10万円貯金できますか?
なかなか難しいと思います。

なんとか5万ならできるって言う人はいると思います。
5万すら厳しい人もいると思います。

なので、2万でも3万でもただお金の価値が
変わらないところに置くのではなく
そのお金がどんどんプラスになっていきますよ
という運用が必要なんです。

今後日本っていうのは、
資産運用しないとお金が足りなくて
ご飯が食べれなくなってしまう浮浪者が増えます。

なので今投資家になれるかなれないかという、
Y字路に立っているそんな
2016年になっているというわけです。

胸に投資家ですと、名札をつけている訳ではないのでわかりませんが、
気づいた時には投資家やっている人手をあげてくださいと言った時に、
80パーセント以上の人が投資家になっているのではないかなと僕は思います。

ですので、将来の経費であったりしっかり計算して
資産運用について学んでいってもらえたらなと思っております。

ということで今回は
老後に貧しい生活をする為に必要なお金は
5000万ですよという話をさせて頂きました。

是非、老後にむけて準備していただけたらと思います。
ありがとうございました。