広告枠
    FinancialLabTOP > お金の一般常識を知る > お金は増えれば増えるほど価値が下がる?「国のお金の量」って何?
2017年12月23日

お金は増えれば増えるほど価値が下がる?「国のお金の量」って何?

The following two tabs change content below.
大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

普段は個人投資家として活動しつつ、「日本人の金融リテラシーを向上させる」ことを使命として投資教育メディア『ファイナンシャルラボ』を運営しております。山口県下関市出身。

動画を文章に起こしたものはこちら

 

今回はマネタリーベースって何?ということで、

よく質問を受けるんですけど、

インターネットなどで検索して頂くと色々あり、

説明やページによって違うので今回は私なりに

皆さんにマニタリーベースとは何かということを、

説明していきたいと思います。

 

ホームページなどで検索すると難しい漢字がでてきたりとか、

なかなか実感が湧かないと思います。

なので、中学生や小学生でも

わかるような解説を今回はします。

 

マネタリーベースとはそもそも何かと言うと、

一言で言うとお金と言ったらお札と通貨です。

世の中に出回ってるお金と通貨があります。

そのお金と通貨の現金と言われる数と、

一般の銀行が日銀に当座預金としてお金を置いてる合計の金額です。

 

要するに銀行が持っている金額の合計がマネタリーベースという形になります。

 

これは徐々に増えているんです。

グラフで言うと増加傾向にあります。

ですが、現金まではわかったという方も当座預金からは

ちょっとと思う方もいるかと思います。

 

ざっくり言うと世の中のお札の量です。

お札の量がマネタリーベースと言います。

 

なのでお札の量が、紙切れがいっぱい増えてると

マネタリーベースが増えるということになります。

当座預金のお金も引っ張ればお札になりますから、

要するに日本銀行、黒田総裁が黒田バズーカと言って

お札をたくさん刷っています。

 

お札を刷っている数、これがマネタリーベースなんです。

バブル期って実はそんなにお金を刷っていなかったんですけど、

最近はすごくお札を刷っているんです。

 

どれだけお金を刷って世の中に流しているかというと、

以前に比べるとお札の数ってどんどん増えているんですけど、

一円の価値ってどのくらいかわかりますか。

 

下がるのです。

 

お金の量が増えて来たのでインフレが起きます。

では、お金ってどれくらいのペースでお札が増えているのかという所ですが、

毎年、約80兆円のお札が刷られています。

ということは、毎年80兆円ずつお金の量が増えているんです。

このペースで増えていくと元は少なかったのに、

80兆円まで上がって来て黒田バズーカと言われているわけです。

 

なのでこのペースでお金が増えていって80兆円も、

お金が増えたらインフレが起きるわけです。

それをわざとやっています。

インフレ目標2パーセント達成するために、

国は80兆円印刷をしてインフレを起こし、

お金の価値を下げているのです。

 

物価も上がりますが、それに相対して皆さんの給料も上がります。

ですが物価が上がる前に皆さんの給料が上がれば、

少しでも裕福になる期間が一瞬現れます。

そうすると世論を獲得しやすいんです。

政治家としては。

同時に上がることはなかなか考えづらいのですが。

マネタリーベースから少し反れますが、

給料(収入)と物価のバランスが裕福さであったり貧富を決めるのですが、

物価が先に上がるとどう思いますか?

生活が苦しくなると思います。

 

なので皆さんの給料をあげて、

あとから物価をあげれば時差ができ少しだけ裕福になります。

すぐに物価が上がり追いついてはしまいますが、

半年または1年は裕福が続くと思います。

それを起こすことによって、経済が良くなったと世論を獲得しやすいので

給料を徐々に上げていきたいというのが国の方法なんです。

いたちごっこですが、少し時差を生じさせて世論を獲得したいのが国の施策ですが

なかなか給料上がってない方は多いはずです。

 

なんとか国は給料をあげたいということでお金をたくさん刷って、

この刷ったお金を受け取っている人たちがいるんですけど、

それがETFやリートなど国は刷ったお金で投資をしているわけです。

そのようなことをして企業にお金がいくようにしているんですが、

なかなか給料には反映されてないのです。

なので反映するまで、お金の量を増やしている状態です。

いずれは給料が上がってくると思います。

ただ時間がかかっているので、みなさんが早くあげてくれと。

安倍さん頑張ってくれと言っているわけです。

 

というところでマネタリーベースというのは、お金の量です。

徐々に80兆円ずつ現金として増やしている事実を知っていくことが大事です。

80兆円ずつ増えているということは、

1円あたりの価値がどんどん下がっているというのは

完備した上で物価とういうのは嫌でも上がっていくのです。

 

そうなった時に自分の資産というのは銀行に置いておくのだけだと、

そもそも世の中はお金が増えていっているので1円あたりの価値が

下がってしまうと、持ってるだけでは意味がないので

しっかり運用していくことは必要不可欠なのかなと思います。

 

今回はマネタリーベースとはお金の量ということでお話させて頂きました。

閲覧数ランキング