広告枠
    FinancialLabTOP > 資産運用のQandA > 副業を始めるための必要資金とその資金調達方法とは?
2017年12月21日

副業を始めるための必要資金とその資金調達方法とは?

The following two tabs change content below.
大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

普段は個人投資家として活動しつつ、「日本人の金融リテラシーを向上させる」ことを使命として投資教育メディア『ファイナンシャルラボ』を運営しております。山口県下関市出身。

 今現在、ネット上では、会社員におすすめの副業として実に様々な副業が紹介されています。

これから副業を始めたいと考えている人にとって気になることの一つが「資金的に自分にもできるものなのか?」という点です。

本記事では、会社員に人気の代表的副業である、ポイントサイト、転売、アフィリエイト、株式投資、FX、仮想通貨について、それぞれ副業を始めるためにどれほどの金額が必要なのか、また、その資金を調達する方法について詳しく解説いたします。

ポイントサイトに必要な資金

ポイントサイトはネット上にたくさんありますが、ほとんどのポイントサイトが無料で会員登録できてしまいます。そのため完全無料で始めることが可能な副業です。

また、ポイントサイトには自分で登録してもポイントとなる場合があり、クレジットカードへの入会や証券口座の開設など、高額ポイント案件に登録し、換金することで、十数万の初期資金を作ることも可能です。

他の副業をやりたいが、資金がないという場合にポイントサイトで初期資金を作るということも可能です。

一方で、年会費のかかるクレジットカードや、ポイント加算に条件のある証券口座などもあるため、事前に条件をチェックしてから行うようにしましょう。

リスクとしては、個人情報を多くの会社に提供してしまうこと、また登録した会社からのメールが山ほど届くことです。

もしポイントサイトによる資金調達を行うのであれば、それをリスクとしてしっかりと認識しておくことが大切です。

転売に必要な資金

転売は、まず売るための商品がなければ始めることができません。

AmazonやYahoo!オークション、メルカリで売るための商品を仕入れる必要があります。

転売は1品からでも始められてしまうため、最初は1万円程度の少額の仕入れで小さくビジネスを始めることも可能です。

一方で、もっと短期的に収入を伸ばすためにはそれ相応の資金が必要になります。

例えば月の収益を20万円上げたいのであれば、次の計算の通り、その収益をあげるためには最低でも月に100万円程度の売上を作る必要があります(※転売の一般的な利益率は20%程度です)

そのためには最低100万円程度の仕入れを行わなければならないため、資金は100万円程度必要であるという計算になります。

会社員の場合には、クレジットカードやカードローンの枠が100〜150万円ほどもらえるはずですので、実質初期資金がなくても転売は始められる副業と言えます。

アフィリエイトに必要な資金

副業の一つアフィリエイトは、自分のサイトやブログを構築する費用が必要になります。

無料ブログサービスなどを使えば、無料で行うことも可能です。例えば、あるヘルスケア系のアフィリエイトサイトの作成にかかった費用は以下です。

  • ドメイン代金:1,040円(※ドメインは選ばなければ1円〜購入可能です)
  • レンタルサーバー代金:500円/月額

合計で初期費用が1,040円、月額が500円程度でアフィリエイトサイトやブログは構築できてしまいます。つまり、ほとんど無料に近い額でアフィリエイトは始めることが可能です。

懸念すべきはサイトやブログに掲載される記事を作成し続ける労働時間が多く必要であることです。

株式投資やFX、仮想通貨に必要な資金

副業としても最初にまとまった資金が必要なのが、株式投資やFX、仮想通貨などの投資系の副業です。

もし、目指す目標収益額が多いのであれば、次の2つの方法のうちからどちらか1つを選ぶ必要があります。

  • ローリスクローリターンを長期間継続し、利益を積み重ねていく(時間がかかる)
  • ハイリスクハイリターンで短期間で大きな収益をあげる(大きな損失のリスクが高くなる)

投資の世界にローリスクハイリターンはありません。

投資金が多ければ多いほど、リスクは高くなり、それに応じて収益額も高くなるという世界です。

ローリスクローリターンを積み重ねていく方法でも、最低で10万円ほどは初期資金として必要になると考えておいた方が良いでしょう。

労働時間も計算に入れていますか?

副業は資金が必要なものであっても、クレジットカードで支払いができたり、ほとんどの副業が自己資金ゼロで始めることが可能です。

しかし、その副業の労働時間を計算してみるとどうでしょうか?

最初の2〜3ヶ月はその副業に慣れるまで、時給数10円にも満たない労働に耐える必要がでてきます。

例えば副業としてアフィリエイトサイトの運営であれば、毎日1,000文字以上の記事を書き続ける必要がありますし、それを経費として計算に入れると、最初の数ヶ月はほぼ無償、むしろ労働時間を考えたらマイナスになってしまう可能性も十分あり得ます。

また、副業で転売を選んだのであれば、商品のリサーチ、仕入れ、サイトへの登録、売れた後のお客様への連絡、梱包、発送などの大きな手間と時間がかかってきてしまいます。

本業をやりながらこの作業もこなしていくのは非常に難しいと言えますし、最初の数ヶ月はこれをほぼ無償でやり続ける覚悟がなければなりません。

株式投資やFX、ビットコインも値動きのチェックを行わなければならないため、経済動向やニュースに目を光らせたりと投資でありながら労働時間も多くなってしまいがちです。

このように世の中の副業の多くは労働時間が発生してしまう、労働型の副業であり、これらで成功するためには会社に勤めながら会社を自分で立ち上げて、成功させるぐらいの気概が必要になります。

別のところから資金調達が可能な投資型の副業を!

そもそも副業を「今以上に稼ぎたい」という目的でやっているのであれば、その方法としてこれまでにご紹介したポイントサイトや転売、アフィリエイト、株式投資、FX、仮想通貨のような労働型の副業はあまり適していないと言えます。

むしろ、貯金をしながらそのお金をうまく運用して時間をかけずに効率的に増やす、資産運用の方法やクレジットカードなどに頼らずに別のところから資金調達が可能、かつ時間をかけない投資型の副業を選択した方が懸命です。