広告枠
    FinancialLabTOP > 資産運用のQandA > サラリーマン・OLが仕事をしながら副収入を得る方法
2017年12月21日

サラリーマン・OLが仕事をしながら副収入を得る方法

The following two tabs change content below.
大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

普段は個人投資家として活動しつつ、「日本人の金融リテラシーを向上させる」ことを使命として投資教育メディア『ファイナンシャルラボ』を運営しております。山口県下関市出身。

部下が増えたり、結婚して家族ができたり、支出は増える一方、でも収入はなかなか増える兆しがない。

そんな状況に焦りを感じ、副収入を得る方法を模索している方も多いのではないでしょうか?

実は、世の中には無数の副収入を得る手段が存在します。

始めてみたいけどどの副収入を得る方法が良いかが分からない、そんなサラリーマン・OLの方に副収入を得る代表的な方法を5つ、ご紹介いたします。

転売

商品を安く仕入れて他で高く売り収入を得る。

これが転売です。

一般的に広く知られている方法としては、中古ショップなどで、安く仕入れた商品をAmazonやヤフオク!、メルカリなどで売り、利ざやを稼ぐ方法があります。

転売は、利ざやを出すためにはとにかく安く仕入れることが必須のため、価格帯や商品を安く仕入れる方法のリサーチは日々欠かせません。

転売は仕組みややり方が簡単である一方、リサーチや、商品を仕入れの時間、商品が売れた後、取引相手との連絡や商品の出荷など、物理的な手間と時間がかかります。

その時間をいかに捻出するかが大きな課題となります。

ポイントサイト

ポイントサイトとはそのサイト内を通して資料請求をしたり、アンケートに答えるなど、サービスを利用すると、報酬としてポイントがもらえるサイトです。

副収入を得る方法としては一番手軽で簡単な方法です。

普段利用しているネットショッピングをポイントサイト経由にするだけで、ショップのポイントとダブルで貯められる場合もあります。

ポイントサイトは数多く存在し、どれも無料で会員登録ができます。

サイト内でたまったポイントはある一定のポイントが貯まった時点で現金に換金ができ、家にいながら副収入を得ることができます。

しかし、ポイントを多くためるためには、多数の企業に資料請求やアンケート回答などをする必要があり、各企業からダイレクトメールや宣伝目的のメールが多数舞い込みます。

誰でも簡単に副収入を得られる一方で、個人情報と引き換えにポイントをもらうという側面もあり、個人情報漏えいのリスクもあります。

また、ポイントをもらうためには資料請求や会員登録、アンケートの回答などを行う手間がかかる上、かかった手間が必ずしも対価に見合うものとは言い難いのが課題と言える。

株式投資

株から得られる収入は、キャピタルゲイン、インカムゲイン、株主優待の3つです。

キャピタルゲインとは、株を安いときに買い、高くなったときに売却して出す差益のことです。

あえて値動きの激しい株取引で短期売買を繰り返し、細かく利益を出すこともできます。

これがいわゆるデイトレードと言われる手法です。

インカムゲインとは株式からの配当のことです。

優良企業の株を買えばより多く、安定した配当を受けることができます。

さらに株主優待がある株を買うと、無料で商品を進呈されるなど、様々な優遇を受けることができます。

企業によって個性的な株主優待の特典があり、特典目当てに株を買う人もいるほどです。

株取引は正しい値動きの予測ができなければ、当然利益は出せません。

株の値動きをチェックすることはもちろん、ニュースや所有している株の企業情報もまめにチェックをしなければなりません。

株価は一度下がり始めるとあっという間に損益が広がっていきます。

そのため証券取引所が営業している時間帯のチェックや勉強などで、日々一定の時間は割かれてしまうのが難点です。

FX(外国為替証拠金取引)

FX(外国為替証拠金取引)とは、外国通貨を売買する外国為替取引です。

売買で生じる為替差益から利益を出すことを目指します。

たとえば円と外貨の取引の場合、円高の時に外貨を安く買い、その後高くなってから売って利益を出します。

為替相場の変動を利用し、売り買いを繰り返すのが基本のやり方です。

その他、金利の高い通貨を買い、中長期で保有することでスワップポイントの利益を得ることもできます。

積極的な外貨預金として、レバレッジにより多くの収益を狙う取引もあります。

最近はスマートフォンでFX取引ができるようになったので、昼休みなどのちょっとした空き時間に気軽に取引ができます。

しかし、FXも株取引と同様値動きを予測しなければ利益は出せません。

2008年のリーマンショックで大きな損を出して破産に追い込まれた人の事例もあるように、世界情勢のチェックは日々欠かせません。

情報を得るために費やす時間の捻出が大きな課題となります。

仮想通貨

仮想通貨とは、簡単に言うと「インターネット上で取引をされる、世界共通の単位のお金」です。

株などと同様に値動きがあるので、安い時に買って、高くなったら売ることで利益を出します。

特筆すべき点は仮想通貨の価格上昇率です。

最も知名度の高いビットコインは2010年に初めて値段がつきましたが、当初1bit=0.00076ドルだった値段が2017年9月現在では約4,300ドル、日本円で50万円になっています。

ビットコインのみならずアルトコインと呼ばれるビットコイン以外の仮想通貨も軒並み価格を上げており、時価総額トップ10の1年の価格上昇率は平均8.76倍でした。

しかし、仮想通貨は秘密鍵と呼ばれるパスワードで自己管理をしなければならなく、もし紛失をしてしまうと二度と取り戻すことはできません。

また、2014年のビットコインの取引所「マウントゴックス」の破綻の例もあるように不安定な要素もあり、日々変わる法改正にも大きな影響を受けます。

株やFX以上に仮想通貨を使って副収入を得る場合には、ニュースには細心の注意をはらう必要があります。

日々の情報収集や勉強、値動きを見る時間と手間は最低限必要になってきます。。

労働時間を増やさずに得られる副収入を検討しましょう

以上、5つのサラリーマンやOLが副収入を得られる代表的な方法をご紹介しましたが、どれも手間と時間がかかる肉体労働に他なりません。

また、5つ以外の副収入を得る方法のほとんどが、少なからず時間と手間が継続的にかかる肉体労働的なものばかりです。

もし、日々の仕事が忙しくて時間と手間を毎日継続的に捻出できない場合には、肉体労働的な副収入ではなく、ご自身の労働時間を増やさずに出来る資産運用を模索する必要があります。