広告枠
    FinancialLabTOP > 資産運用のQandA > 投資で重要視するのは利回りなのか維持力なのか徹底解説
2017年12月23日

投資で重要視するのは利回りなのか維持力なのか徹底解説

The following two tabs change content below.
大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

普段は個人投資家として活動しつつ、「日本人の金融リテラシーを向上させる」ことを使命として投資教育メディア『ファイナンシャルラボ』を運営しております。山口県下関市出身。

動画を文章に起こしたものはこちら

利回りと維持力について話していきたいと思います。

利回りとよく言いますよね。

パフォーマンスって私は言ったりしますが、

どれだけ利益が出るのかっていうのを、

利益を元金で割る。

これが利回りです。

 

年間の利益だったら年利になりますし、

月だったら月利になります。

これがパフォーマンス(利回り)です。

維持力というのは

今やっている運用先の案件っていうのが、

どれだけの期間続いていくのかという時間軸の長さのことなんです。

 

この2つを比較した場合

優先すべきポイントはどちらなんですか?

というところになります。

 

これは一概には言えないんですが、

利回りが高ければ高いほどいいですし

維持力も高ければ高いほどいいのですが。

維持力が高いものと利回りが高いもの、

これは両方大事です。

 

希少性の高さでいうと、

利回りの高い案件というのはいくらでもあります。

ただですね維持力が高い案件っていうのはなかなかないんです。

 

例えば5年間ずっと年利30パーセントで、

運用し続けてますよとか。

やっぱり年利200%300%ですどーんみたいな案件は、

正直いくらでもあると思います。

ただそれを5年間続けられるかっていうと、

それは難しいと思います。

私は利回りに関してはなにが重要かっていうと

程よさが大事だと考えています。

 

なので利回りのよさだけ追いかけてしまうのではなく、

現実的な利回りの程よい利回りで、

且つ維持力があるものを選んだほうがいいのではと考えます。

人によって程よさって曖昧なんですが、

私は大体60から120%くらいですね。

 

これでも十分高いと思いますが、人によって尺度がバラバラなので。

200%300%出しますよって案件もあると思いますが、

こういった案件っていうのを10年続けたらどうなるんですかという話です。

これは他の動画で複利でやった場合にはどうなるのかという話を

見てもらえれば結果は明白でわかりますが、

すごく大きな金額になります。

120%5年間運用しただけでも、

200万円が1億になります。

なのでやっぱり持続力が大事なんです。

 

利回りだけに左右されてしまうと、

大多数の人がそこを追いかけていって

負けてしまっているっていう現実があります。

なので維持力を大事にしながら、

負けない投資っていうのを長くやっていくことを

心がけていってほしいです。