広告枠
    FinancialLabTOP > 資産運用のQandA > 簡単に投資をするな!お金を動かす前に必ず確認すべきポイント
2017年12月23日

簡単に投資をするな!お金を動かす前に必ず確認すべきポイント

The following two tabs change content below.
大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

普段は個人投資家として活動しつつ、「日本人の金融リテラシーを向上させる」ことを使命として投資教育メディア『ファイナンシャルラボ』を運営しております。山口県下関市出身。

動画を文章に起こしたものはこちら

今回はエビデンスについて説明していきます。

デューデリをかける上でパフォーマンスを見たり

トラックレコードを見たりというお話があったと思いますが、

このエビデンスをしっかり確認しましょうというお話です。

 

このエビデンンスというのは証拠という意味です、

投資をする上では、このエビデンスがないとやらない。

というスタンスで問題ありません。

 

トラックレコードと良く混同されますが、

トラックレコードというのはあくまで運用実績なので

経過した時間で出た実績で判断するものですね。

 

ではどういうものはエビデンスに当たるのか?

例えば本当に本人の資産であるのか確認するために

登記簿謄本を出してもらったり、

本人確認のために免許証を出してもらったり。

こういったものを一つ一つ確認します、

特に私が重要視している物の一つが

免許証ですね。

 

投資の話を持ちかけられた際には

お互いの免許証を交換してコピーを取り合うようなことをする。

お互いの個人の照明をしっかりするということをやるべきだと考えています。

 

もしこの身分の照明を嫌がる方がいれば、

本当に運用していただけるのか怪しいですね。

 

紳士な対応で身分の照明をお互いしましょうということで

エビデンスを取る癖づけをすると良いと考えます。