広告枠
    FinancialLabTOP > 資産運用のQandA > お金を入れる投資案件が本当に利益が出るのかをチェックするポイント
2017年12月23日

お金を入れる投資案件が本当に利益が出るのかをチェックするポイント

The following two tabs change content below.
大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

普段は個人投資家として活動しつつ、「日本人の金融リテラシーを向上させる」ことを使命として投資教育メディア『ファイナンシャルラボ』を運営しております。山口県下関市出身。

動画を文章に起こしたものはこちら

ロジックについて説明していきます。

ロジックとは何なのかというと、

論理とか理論のことですね。

 

(投資対象が)実際に論理的におかしくはないのか?

ということを判断していくことになります。

 

なぜロジックを確かめていくのというと、

因果情報、ストーリーなどから全て綺麗に運用していけるのか

確認しなければいけないからです。

 

例えば、

なぜ資金を集める必要があるのか?

なぜ利益が出るのか?

この部分をロジックで確認していかなければと考えておりまして、

もう少し掘って説明するといくつか出てくるのですが。

 

資金を集める必要性であったり利益が出る理由というのを、

十分に説明を受けて自分が腑に落ちて、

且つ別の人に説明ができないのであれば投資はすべきではありません。

 

インプットというのは、インプットした気になるというリスクがあります。

「この説明はしっかり受けた気がする、自分の言葉ではうまく言えないけれど。」

というのは上手く誤魔化されているケースがあります。

 

なので自分だけが納得するのではなく、

第三者に上手く説明できて初めてロジックが完成していると考えています。

人は感情が乗ってしまう生き物なので、

パフォーマンスの説明だけをされて、

その時は感情ですごく良い物だと判断しても

冷静になって第三者に説明をした際に、

もやもやとした部分が出てくるのであればそれは十分に理解しているわけではないということです。

 

資金集めに関して、運用先にとって個人投資家というのは一番金利が高い相手になります。

なのになぜ銀行に融資を受けないのか?

なぜ大手会社にスポンサーについてもらわないのか?

この2つの理由が明白になっていない場合、

投資のデメリットが増すということになります。

 

次になぜ利益が出るのか?という部分ですが、

これに関しては架空の利益だったり隠していることもあります。

それがブックメーカーのように、

利益が継続的に出るところに曖昧要素が入ってくるのであれば

それもロジックが破綻していることになります。

 

以上の項目を明白にならないのであれば投資をする必要性はないと考えます。

みなさんもロジックにポイントを置いて見ていっていただければと思います。