広告枠
    FinancialLabTOP > 資産運用のQandA > 安定的に資産を増やしていくために重要な「投資の持続力」とは何か
2017年12月23日

安定的に資産を増やしていくために重要な「投資の持続力」とは何か

The following two tabs change content below.
大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

普段は個人投資家として活動しつつ、「日本人の金融リテラシーを向上させる」ことを使命として投資教育メディア『ファイナンシャルラボ』を運営しております。山口県下関市出身。

動画を文章に起こしたものはこちら

今回はドゥラビリティについてお話させて頂きます。

ドゥラビリティとは日本語で言うと、

耐久性または維持力と言われたりします。

要するに投資案件がどれくらいもつのかというところ。

 

世の中には色々な投資案件が出て来ているのですが、

どうしてもパフォーマンスで見がちです。

パフォーマンスだけで見てしまうと時間の無駄になってしまいます。

 

私はドゥラビリティについて、

他の人よりもすごく大事にしています。

例えば短期で日利1パーセントでお金が増えますよという案件に飛び込んだとして、

冷静に考えた時にそれは3年も続きますかという話になってきます。

月利31パーセントのような案件が、

3年後も5年後もあるというイメージができないものに関しては

順番を間違えてはいけないなと思います。

 

ディーデリで基礎の部分なのか、空中戦なのか。

しっかり見た方がいいと考えております。

 

基礎の中の部分を僕はお話することが多いのですが、

基礎というのはみなさんの収入ができるだけ破綻しないように、

固く固く作っていくところになります。

 

なので3年後も5年後もお付き合いできるところを、

ドゥラビリティを見て判断していきましょう。

空中戦とは、確率の高い宝くじやスロットで当たったらラッキーぐらいのもののことを言います。

 

なのでこれは一時的に利益がどかんと上がる可能性はありますが、

3年後5年後ずーっと勝ち続けられるかというとそれは無理なことなんです。

なので基礎をまず固めましょうという

観点からいいますと耐久性が非常に重要になってきます。

 

とりあえずということで、空中戦から始めるのはかなり危険です。

なぜなら基礎を固めれば空中戦で失敗しても基礎の利益で補填できるので、

大きな怪我はしません。 

 

ですが最初から空中戦をすると、失敗しお金がなくなったでは終わりなんです。

なので順番としては基礎を固めてから空中戦です。

基礎を固める上で、

デュラビリティの要素がデューデリで非常に高くなってきます。

 

維持力が高いもの要素をしっかり評価できるものの基礎を固める

このデュラビリティで再銀製であったり耐久性、

そして維持力が高いものの要素をしっかり評価できるものを固めるということです。

基礎に関しては時間をかけて大丈夫です。

 

今の空中戦で成功しようがしまいが正直しょうもないと言いますか、

たいしたことがないのです。

これが5年後1億になってますか。それは難しいです。

ずーっとこの空中戦が勝ち続けることは難しいのです。

でも、基礎をしっかり固めた状態で基礎の中ででた利益を当て込んで行くとなれば

空中戦で負けても基礎が固まってるから大丈夫です。

 

ということでデュラビリティ要素というのは基礎作りが重要になってきますので、

みなさんの配当収入であったりストック収入を固める上で意識してください。