広告枠
    FinancialLabTOP > 資産運用のQandA > これを確認せずに投資はするな!必ずチェックするべき投資実績
2017年12月23日

これを確認せずに投資はするな!必ずチェックするべき投資実績

The following two tabs change content below.
大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

普段は個人投資家として活動しつつ、「日本人の金融リテラシーを向上させる」ことを使命として投資教育メディア『ファイナンシャルラボ』を運営しております。山口県下関市出身。

動画を文章に起こしたものはこちら

トラックレコードについて説明します。

このトラックレコートというのは、

運用した実績になります。

 

このトラックレコードがないと資金運用はしない、

というスタンスを取っていただきたいです。

 

このトラックレコードを確認しなければならない案件は

デリバティブの案件、つまり

・FX

・株

・日経平均先物

だったりですね。

 

これらを使って利益を出しますよということであれば、

しっかり運用実績を確認するということが必要になります。

最低でも1年は短く、2年は見ていっていただきたいですね。

 

もっと長いものがあるのであればそれはより良いのですが、

あとはデリイバティブだけではなく、

売電、事業系も多いかと思います。

これから新しく始める新規の事業です、

ということ以外はトラックレコードが必要になります。

 

お金を預ける相手は実績があればある方が良いですよね。

銀行も融資をする際にはトラックレコードをしっかり見ています。

なので投資家として投資をする際にも、

銀行と同じ目線でトラックレコードを確認するべきなんです。

 

そして一人では確認しないということもポイントです、

一人ですとどうしても感情が邪魔をしてしまいますので

そういうことがないように二人、三人でトラックレコードを目視で確認していくことが大切です。