広告枠
    FinancialLabTOP > 資産運用のQandA > 投資家必修科目!投資案件にはどのようなリスクがつきまとうのか?
2017年12月23日

投資家必修科目!投資案件にはどのようなリスクがつきまとうのか?

The following two tabs change content below.
大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

普段は個人投資家として活動しつつ、「日本人の金融リテラシーを向上させる」ことを使命として投資教育メディア『ファイナンシャルラボ』を運営しております。山口県下関市出身。

動画を文章に起こしたものはこちら

今回はリスクファクターについて説明いたします。

リスクファクターとは何なのかというと、

リスク(危険)のファクター(原因)を探るという作業になります。

 

色々な投資においてたくさんのリスクがありますが、

それを全て出して潰していくということになります。

 

例えを出しますと、

運用会社が仕入れをしてそれを販売会社に流して売ってもらうという

物販の案件があったとします。

仕入れ値と売値の差(利益)を投資家に分配するということになりますが、

これを毎月運用します。

 

というような案件があったとします。

この例に出した案件例で何がリスクになるかというのを全て出さなければいけません。

 

例えば、

・この販売会社が売れずに在庫を抱えることにならないか?(在庫リスク)

・販売先がいきなり連絡がとれなくなってしまいお金が戻ってこない(販売リスク)

・この案件自体が架空のもので出資者がお金を入れた後、運用先と連絡がとれなくなる(運用先リスク)

これらを潰していくために、

・注文が入ってから仕入れをする

・販売会社を相対取引をする

・集めた金額に対して差し押さえ契約をする

などリスクを出した上で、

さらにそれに対処するところまで考える必要があります。

 

投資というのはリスクと隣り合わせです、

利回りを追ってお金を騙し取られたという事例はたくさんあります。

なのでぜひこのリスクファクターの考えを頭にいれてください。