広告枠
    FinancialLabTOP > 資産運用のQandA > これから投資を始めようとする人必見!お金を入れる前に覚えておきたいこと
2017年12月23日

これから投資を始めようとする人必見!お金を入れる前に覚えておきたいこと

The following two tabs change content below.
大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

普段は個人投資家として活動しつつ、「日本人の金融リテラシーを向上させる」ことを使命として投資教育メディア『ファイナンシャルラボ』を運営しております。山口県下関市出身。

動画を文章に起こしたものはこちら

デューデリジェンスというのが

どういうものなのか知らない方が多いので、

今回はデューデリジェンスについて説明していきます。

 

良く耳にする言葉ではないと思うので、

いろんな諸説、考え方があるとは思うんですけれども、

私なりの理解しているデューデリジェンスについてお話しします。

 

デューデリジェンスっていうのは略してデューデリって言うのですが、

何をするのかというと

投資商品があった時に、

投資しようかしないか悩むと思います。

 

そこに投資するか判断をするために

リサーチしたりとか分析したりとか色々証拠をとったりすると思います。

この作業を全てをデューデリって言ったりします。

なので運用先の利回り計算をしたり、

なぜお金を集めるのか、なぜ利益がでるのかというロジックの部分。

そしてエビデンスですね。

例えば海外の不動産であれば登記簿謄本をちゃんと確認させていただいたのか。

そういった証拠にあたる部分を確認するべきだと思っています。

 

あとはトラックレコード、

運用先がデリバティブの商品を使って運用してくれる先であれば、

トラックレコードというのは必ずあります。

このトラックレコードを出して目視で確認するなど。

以上を抑えてから出資をしていくわけです。

 

私もこのようにいくつかあるデューデリのチェック項目をシートをいつも書きながら、

投資案件のデューデリジェンスをかけています。

運用先があった時にすぐに飛び込む前に、

チェックボックスを一つずつ消していってからやるっていうのが非常に大事になってきます。

それが投資家としての唯一の仕事かもしれません。

 

運用先のデューデリをするっていうのが

投資家としての唯一の仕事になりデューデリの精度が高ければ高いほど、

ウォーレンバフェットさんみたいにですね

負けない投資を長いことできます。

投資案件っていうのが無数にあると思います。

 

そういったところにしっかりデューデリをかけていくと

チェック項目を全てクリアするものになればやろうと、

いうような形でルールを引っ張って投資家として活動していただければ

投資に負けない投資家として大成すると思いますので

感情的になってしまうのは非常に危険です。

 

できるだけですね投資というのは

冷酷にですね物事を考えて冷静に判断する必要があるので、

落ち着いて一個一個状況をクリアしていきましょう。

デューデリジェンスの概要について説明させていただきました。