広告枠
    FinancialLabTOP > 資産運用のQandA > 投資家なら必ず身に付けたいハイブリット投資について徹底解説
2017年12月23日

投資家なら必ず身に付けたいハイブリット投資について徹底解説

The following two tabs change content below.
大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

普段は個人投資家として活動しつつ、「日本人の金融リテラシーを向上させる」ことを使命として投資教育メディア『ファイナンシャルラボ』を運営しております。山口県下関市出身。

動画を文章に起こしたものはこちら

今回は時間を味方につける投資と

短期で結果を出す投資。

このバランスについてお話していきます。

 

投資は色んな種類がありますが、大きくわけて

時間をかけてメリットをとっていくものと

時間ではなくリスクを取って短期的に結果をだすもの

その2つがあります。

時間をとるかリスクをとるかという形になりますが、

やっぱりこの片方だけを選んで良い悪いは両方あるんです。

 

メリットとデメリットはですね、

時間をかけて時間を味方にしてやる投資に関しては

メリットはリスクが少なく投資できる、

でもそのぶん時間がかかってしまうということなんです。

不動産度投資の区画マンションとかもそうですね。

あとは保険です。

将来ちょっと増えて帰ってきますなんていう

積立保険養老保険とかだったりすると思いますが、

これらは長期なんですね。

そして短期ですね、

短期の案件もあります。

デリバティブの案件とかですね、

デリバティブってなんなのかというとFX、株とか日経平均とかです。

金融商品を取引をすることによって、

売却利益を取っていこうということものです。

事業投資もそうです、結構短期的に結果がでますね。

これが長くなることももちろんありますが、

カテゴリーとして大きくわけたらこうなります。

 

その中で私がすごく大事だと考えているのが、

組み合わせが重要だということです。

時間軸で見ていった時に、

どれだけの金額を身の回りに

どれだけの時間でどのタイミングであるのか。

ちょっと見たいんですが

みなさん今生きていますね

25年後を一つの基準にしたいなと思います。

 

25年後、

今からお金を自分の身から離して

このお金が増えて帰ってくるメリットですね。

お金が増えて帰ってくるっていうのが未来の話なのか、

それとももっと早い段階で帰ってきてほしいのか。

どっちがいいですかって言われたらみなさんどうですか?

 

できるだけ早い方がいいっていう人もいると思いますし、

長期的なものよりリスクもあるしできるだけリスクは低い方がいいじゃないかと、

日本人の特性的にはこっちを考えられる方が多いですね。

 

なので保険が売れるわけです。

しかしそうではなくてですね、

もちろん長期的な投資は大事なんですよ。

不動産であったり保険であったりすごく大事なんですけれども、

将来のための備えをやりながら1年後2年後という短期の未来も

しっかりと潤おしていくというこの2つ。

この2つの部分をとっていくっていうのが、

みなさんのお金に困らない人生を早い段階から作っていくことができるんです。

 

細く節制して生きていって、

最後はちょっと裕福な生活を歩みましょう。

老後ぐらいはねゆったりしましょうというのは分かるのですが、

老後からゆったりしなくても

早い段階からゆったりしていけばいいんじゃないかと私は思います。

それなりに自己投資であったりとかにお金を使えるような、

お金に困らない時間ていうのをできるだけ長く過ごせたら良いですよね。

なので多少のリスクっていうのを取って目の前の利益を取っていくような考えを方もやっぱ大事だと思っています。

なので将来のための備えをしながら、

明日明後日の収入を増やすための種まきもしていきますよという

両方が大切なんです。

このバランスをうまく取っていけば、

実はですね積み立てるお金が増えていきます。

 

やはり

短期で結果を出す投資と、

長期で結果をだしていく投資。

このハイブリットが大事だと考えます。

色んな投資を組み合わせていき、

短期でも長期でも結果を出す。

 

このハイブリットが重要だと考えます。

 

あなたもハイブリット投資家に、

是非なっていただきたいなということで

短期と長期の投資の組み合わせてやっていきましょう

というお話をさせていただきました。

閲覧数ランキング