広告枠
    FinancialLabTOP > 資産運用のQandA > 副業のイメージが湧かない会社員必見!副業の事例と体験談
2017年12月21日

副業のイメージが湧かない会社員必見!副業の事例と体験談

The following two tabs change content below.
大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

普段は個人投資家として活動しつつ、「日本人の金融リテラシーを向上させる」ことを使命として投資教育メディア『ファイナンシャルラボ』を運営しております。山口県下関市出身。

「会社員 副業」と検索すれば、実にさまざまな副業があることが分かります。

中でも代表的な副業が転売、ポイントサイト、アフィリエイト、株、FXなどです。

ネット上にメリットは書かれていても、一体どんなデメリットがあるのかが紹介されているサイトは多くはありません。

本記事では、それぞれ代表的な副業の特徴や事例を紹介しながら、副業のメリット、そしてネット上ではあまり紹介されていない副業のデメリットと実態についてご紹介いたします。

代表的な副業の特徴とメリット、デメリット

次の表のように、副業にはそれぞれ違った特徴、メリット、デメリットがあります。

これらは、インターネットで検索すれば様々なサイトで紹介されていますが、副業についてのデメリットを記載していることはあまり無いというのが現状です。

副業の種類 特徴 メリット デメリット
転売 中古ショップなどで商品を安く仕入れて、Yahoo!オークション、Amazon、メルカリなどで高く売ることで収益を得る会社員に人気の副業。
  • 仕組みがシンプルなため誰でも簡単に始められる
  • 通勤や休憩時間に商品のリサーチができるため、空き時間を有効に活用できる
  • 簡単に始められるため、ライバルが多い。そのため利益のあがる商品を見つけるのが難しい。
  • 商品を仕入れるために数十万円程度の資金が必要
  • 勉強、仕入れ、商品リサーチ、梱包、発送、連絡など毎日何かしらの労働時間が継続的に発生する。
ポイントサイト ポイントサイトに掲載されているサービスを使用したり、アンケートに答えたり、会員登録をすることでポイントを獲得。一定ポイント溜まった段階で換金することで収益を得る一番簡単で手軽な副業。
  • 誰でも簡単にできる
  • 空き時間にできる
  • 時間の拘束がない
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 企業からの販促メール、DMが頻繁に届く
  • かけた労働時間の割に対価が少ない
  • お小遣い程度にしか稼げない
アフィリエイト 自身の運営するブログで商品を紹介したり、広告を掲載し、そこから商品の販売に繋がった場合に、売上の数%を収益として得る会社員に人気の副業。
  • 初期費用がほとんどかからない
  • 売るだけで良いので、購入者との連絡や梱包・発送などの手間が発生しない。
  • 一度作ってしまえば、自然と収益が生まれる仕組みができる。
  • 売れば売るほど報酬が高くなる。
  • ブログやサイトを構築する手間と時間がかかる
  • ライバルが多いため、より戦略的にブログやサイトの記事を作っていかなければなかなか収益化できない。
  • 収益があがるまでに行う作業が多く、少なくとも無償で毎日2〜3ヶ月はブログ・サイト制作を行えるような根気と体力が必要。
企業が発行している株式を購入し、その価値が上がった時に売却することで収益を得る副業。
  • 売却益(キャピタルゲイン)、配当(インカムゲイン)、株主優待など3つの権利が株主として受けられる。
  • デイトレードなど会社員でも空き時間でできる手法が確率されている。
  • 株を購入するためのまとまった資金が必要
  • 株式市場の値動きを常に見ていなければならないため、労働時間が以外に長くなる。また、日々気持ちが落ち着かない。
FX 為替取引を行い収益を得る方法。円高の時に外貨を安く買い、高くなった時に売ることで収益を得る副業。
  • 投資にしては少額から始められる(1万円〜)
  • 24時間いつでも取引を行うことができるため、会社終わりでもできる。
  • 元手よりも多くの額が扱える
  • リスク管理をしっかり学んでいないと、元手以上の損をする可能性もある。
  • 値動きをしっかり見定める必要があるため、労働時間が意外と長くなる。

多くの副業紹介サイトには、どの副業も「手間がかからない」ということで紹介されていますが、上の表のデメリットの欄を見ていただければわかる通り、どの副業にも少なからず労働時間は発生します。

そして、その労働時間の対価に見合うだけの収益が得られることは保証されていません。

この表を見てもらえれば分かる通り「手間をかけることなく収入をアップする副業」はほとんどないと言っても過言ではありません。

例えば、無料で手軽に始められるということから、会社員に人気の副業であるアフィリエイトを行った会社員の実際の事例をご紹介いたします。

副業としてアフィリエイトを行った会社員Aさんの事例

Aさんは、会社の給料が安いということから、空き時間を使ってヘルスケア系のブログを立ち上げ、そこでサプリメントや健康食品などのアフィリエイトを行おうと考えました。

早速インターネットに書かれているノウハウに沿って、ヘルスケアブログを無料で立ち上げ毎日更新を始めました。

その際のAさんの1日のタイムスケジュールは次の通りです。

  • 7:30起床
  • 8:30出社
  • 19:30退社
  • 20:00〜24:00ブログ記事更新
  • 1:00就寝

これを毎日続けていたところ、1ヶ月ほどで徐々にサイト訪問者数は伸びてきましたが、商品は一つも売れず。

さらに2ヶ月目も商品は一つも売れません。

そして3ヶ月目やっと1つの商品が売れました。

そのアフィリエイト報酬は40円ほど。

これまでかけた時間はブログ作成も含めて約400時間ほど、そこから生まれたアフィリエイト報酬は40円。

時給換算するとわずか0.1円。

Aさんはそんな稼げない日々に次第にやる気を無くしついにはアフィリエイトをやめてしまいました。

このAさんのように、インターネットに書いてある通りに続けていたはずなのに副業で全く稼げない(月間収益が5,000円未満の人)は全体の約97%以上を占めていると言われています。

副業はアルバイト感覚では成功しない

このように、実際に副業をやるのであれば「ただやれば収益があがる」という気持ちでは絶対に成功しません。

ある程度の無償労働と手間を覚悟の上で、収益を最大化するためにはどうすればいいのか、検証と改善を繰り返していかなければ収益は生まれてきません。

もしあなたが「お金を手間や労働時間をかけることなくプラスにしたい」という目的のために副業を始めるのであれば、手間や労働時間のかからない資産運用など、別の方法を考えてみると良いでしょう。