広告枠
    FinancialLabTOP > 資産運用のQandA > 未経験でも副業は可能!副業に成功する人と失敗する人の違い
2017年12月21日

未経験でも副業は可能!副業に成功する人と失敗する人の違い

The following two tabs change content below.
大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

普段は個人投資家として活動しつつ、「日本人の金融リテラシーを向上させる」ことを使命として投資教育メディア『ファイナンシャルラボ』を運営しております。山口県下関市出身。

インターネットで「会社員 副業」と検索してみると、その種類は無数にあります。

誰でも簡単に始められて収入のアップが期待できるのが副業の最大のメリットです。

しかし、簡単に始められるからと中途半端な覚悟で始めても、うまくいく可能性はゼロに近いと言えます。

なぜなら、副業にはたくさんの落とし穴が存在するためです。

本記事では、そんな落とし穴にはまらないためにも、副業を行う前に最低限知っておくべきことをご紹介いたします。

未経験でも副業は可能なのか?

インターネットをたたけば、実に様々な副業が出てきます。

そのほとんどが未経験者でも副業を始めることは可能です。

しかし、いざ副業を始めてみたはいいが、全く稼げない、そんな方がほとんどです。

一方で未経験から副業で成功し、継続的に収入をアップさせている人がいるのも事実です。

一体、副業に失敗する人と成功する人の違いは何なのでしょうか?

副業に成功する人と失敗する人の違い

副業に成功する人と失敗する人には、「副業への認識」に大きな違いがあります。

副業に成功する人の多くは、それを「自分の事業」として捉え、副業に失敗する人は「楽なアルバイト」として捉えている傾向があります。

具体的には、次の5つのような認識で副業に取り組んでいると失敗する可能性が高くなると言えます。

  • 副業を楽なアルバイトのように認識していた
  • 労働時間を計算に入れていなかった
  • すぐに稼げると思っていた
  • 自分で考えることを怠っていた
  • ノウハウコレクター

この認識の違いが、副業の落とし穴であり、多くの人が副業で失敗してしまう共通点です。

では、それぞれについて詳しく解説していきます。

副業を楽なアルバイトのように認識していた

副業を「楽に稼げるアルバイト」のように捉えている方が多いと思いますが、実際は、副業は事業そのものです。

つまり本業とは別に、会社を立ち上げて事業を始めるようなものなのです。

アルバイトは、仕事のやり方、仕事の内容がすべて決められた上で、行った労働の対価として給料が支払われます。

一方で、副業は、それらが何も決められていません。

また労働の対価として必ずしも収入が得られる訳ではない厳しい世界です。

「あれだけ頑張ったのに1,000円も稼げなかった・・・」そんなことはざらにあります。

このような認識で始めている方は、途中で辞めてしまう方が多く、成功するまで継続しないため、成功する可能性がどうしても低くなってしまいます。

労働時間を計算に入れていなかった

「毎日5分の作業で月収20万円」などインターネットをたたけば、夢のような副業があるように感じてしまいがちですが、そこには大きな落とし穴があります。

それが労働時間です。

例えば代表的な副業である転売を例にあげて考えてみると、転売で収益をあげるためには次のような時間が毎日必要になります。

  • 商品のリサーチ
  • 商品の仕入れ
  • 商品の梱包・発送
  • 購入者への連絡

やっていくうちに慣れて、時間は短縮されはしますが、少なくとも最初は1日3〜4時間は本業とは別に労働が必要になります。

このように、ほとんどの副業にそれ相応の労働時間が必要であるという認識がない限り、途中で「これだけ働いたのに・・・」と感じて、やる気がなくなってしまいます。

これでは成功するはずがありありません。

すぐに稼げると思っていた

すぐに稼げる副業など存在しません。副業は本業とは別の事業を行っているのと同じです。

そのため、事業が軌道にのるまでは無償で働いたり、ほとんど稼げない中で改善と検証を繰り返し、徐々に収入を伸ばしていくしかありません。

転売も、最初は本の1冊を仕入れるために数時間以上店舗を回って探さないと見つからないと言います。

たとえそれが売れたとしても利益は数十円〜数百円程度、時給換算すると数十円程度です。

また、アフィリエイトなどもブログを毎日書き続けて3、4ヶ月目でやっと収益があがり始めるというのが一般的です。

最初の収益が出るまでの時給換算をすると10円にも満たないかもしれません。

そのため「やればすぐに稼げる」と思って始めてしまい、1週間後、1ヶ月後にはバカらしくなってやる気がなくなってしまう方がほとんどです。これでは成功するはずがありません。

自分で考えることを怠っていた

副業は自分で事業を立ち上げることと同義なので、リスク管理や、事業をどう改善していくかなどは全て自分で考えて決めなければなりません。

ネット上に書かれているノウハウはあくまで一般的なノウハウであって、あなたの状況に合ったやり方とは限りません。

それを自分の状況に置き換えて行うなど、自分の頭で考えて実行していく気概がなければ副業は成功しづらいと言えるでしょう。

ノウハウコレクター

ネット上には様々な副業ノウハウが転がっています。

また、副業セミナーなども多く開催されており、副業によって副収入を得る方法は比較的簡単に手に入る時代です。

また、そのノウハウを聞くと「自分が稼げる」という期待感に満ち溢れます。とても快感です。しかし、そのノウハウは実践しなければ収入になりません。

「時間がないから」「お金がないから」「明日からやろう」など様々なことがブレーキとなり、ノウハウを実践せずに、知ることだけで満足してしまう人のことをノウハウコレクターと言います。これでは副業で成功する可能性は低いと言えます。

労働時間がかからず副収入を得られる方法もある

現在、「副業解禁」を宣言する会社が増えてきています。

しかし、副業とは、自分で新しい会社を立ち上げて自分の事業を始めるのと同じようなものです。

どんなに稼げる人を多く出している副業であっても、「あなたが副業で稼げる」という保証はありません。

本業がある会社員にとって労働時間の増加は、収入アップ以上に苦しいことだと思います。

もし、労働時間の増加に耐えられない状況であるならば、副業という労働の含まれる選択肢を辞めて、労働時間を増やさずに、継続的にお金を増やしていける、資産運用という選択肢についても一度検討してみてはいかがでしょうか。