広告枠
    FinancialLabTOP > 資産運用について学ぶ > 株式投資 > 着実に資産を増やしたい人のための、儲かる株の銘柄の選び方
2018年2月6日

着実に資産を増やしたい人のための、儲かる株の銘柄の選び方

着実に資産を増やしたい人のための、儲かる株の銘柄の選び方
The following two tabs change content below.
大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

普段は個人投資家として活動しつつ、「日本人の金融リテラシーを向上させる」ことを使命として投資教育メディア『ファイナンシャルラボ』を運営しております。山口県下関市出身。

株式投資には「配当金」「値上がり益」「株主優待」という3つの儲け方があります。

株式投資で一番大きい利益を生むのが「値上がり益」です。

そのため多くの人は株式投資でこの値上がり益を得ようとします。

また、TVの人気バラエティ番組で取り上げられた「株主優待」も近年注目されるようになりました。

配当金は、値上がり益に比べれば大きく儲かる利益ではなく、また「株主優待」のように注目されているわけではないため、値上がり益や株主優待のついでのように考えている方も多いのではないでしょうか。

しかし、実はハイリスクハイリターンの大きな利益ではなく、長期目線で株式を保有し、ミドルリスクミドルリターンで着実に資産を増やしたい人にとっては、少し影が薄い「配当金」は重要な利益となります。

本記事では、普段「値上がり益」や「株主優待」にフォーカスされ、あまり目立たない「配当金」でも着実に利益を得ていくために、知っておくべき銘柄の選び方に基礎をご紹介いたします。

配当金とは?

配当金とは、企業が上げた利益の一部を株主に還元するものです。

企業が上げた利益額の中から支払われるものなので、利益があがれば配当金が発生しますが、企業が赤字であった場合には、配当金は発生しないことがほとんどです。

黒字で利益を出していたとしても財務悪化など会社内の事情によって出ないこともあります。

一方で赤字であっても利益剰余金と言って、過去の利益が企業内に確保されていた場合に配当金が支払われる場合があるなど、会社によって配当金が出るかどうかはそれぞれ違ってきます。

例え同じ利益額であったとしても配当金の金額はそれぞれ違ってきます。

配当金は株主にとって株式を保有している間の安定した収入となります。

配当金が支払われるスパンは年に1回が多いですが、年に2回、3回、4回と配当金を出すスパンも企業によってまちまちです。(※2006年の新会社法施行により、これまで2回が上限だった配当の回数が、制限なく行われるようになり四半期ごとに1回、計年4回の配当を行う企業が増えました)

配当金をもらうための条件

配当金をもらうためには、株主としての権利をもらえる「権利確定日」に株式を保有しておかなければならないという条件があります。

権利確定日当日に株式を買えば良いというものではなく、株式を購入して自分のものとなるまでに3営業日かかります。

そのため権利確定日を含む4営業日前までには、株式を購入しておかないと権利確定日に株式を保有することはできません。

権利確定月は、Yahoo!ファイナンスや四季報ONLINEなどを始め、各証券会社の各銘柄情報のページに掲載されていることが多いので、そこから権利確定日の4営業日前を逆算しておく必要があります。

着実に資産を増やしたい人のための、儲かる株の銘柄の選び方_001

上記ソフトバンクグループの例で言えば、土日を除き3月31日を含む4営業日前の3月28日までに株式を購入しておかなければなりません。

仮に3月31日が月曜日であれば、前日、前々日共に休日なので、3月26日(水)までに、3月31日が土曜日もしくは日曜日で休日だった場合には、権利確定日がその前の金曜日に繰り上がるので、そこから当日を含む4営業日前を逆算すると少なくとも火曜日までには株式を購入していなければならないということになります。

配当金で儲けるための銘柄の選び方

株の配当金での儲けを考えた場合、絶対に避けなければならないのが、配当金が支払われない「無配」と、配当金が減る「減配」です。

無配と減配がない銘柄を選ぶ場合、次のような基準で銘柄を選んでいく必要があります。

これらの情報はYahoo!ファイナンスや四季報ONLINEや各証券会社の各銘柄情報に「業績」として掲載されているので、そこで入念にチェックしましょう。

基準 理由
過去から業績が着実に伸びているかどうか? 利益額を源泉として配当金は支払われるため、しっかり利益があがっていないと配当が支払われない可能性があるため。
配当金が毎年しっかり支払われているか? 配当金が毎年支払われているか?突然支払われなくなったりしていないかをチェックするため。
過去から配当金が減っていないかどうか? 業績の伸びていれば、何か問題がなければ配当金も上がっているはず。業績が伸びているのにもかかわらず配当金が減っている場合は何か問題がある可能性が高い。

また、これらを入念にチェックした上で、配当利回りをチェックします。

配当利回りとは、1年間その会社の1株を保有した場合、どれくらい増えるのかを示す指標であり、次のような公式で計算されます。

配当利回り=1株あたりの配当金÷株価×100

株の配当利回りは、業績や権利確定月同様に、各銘柄情報に掲載されているので、そこをチェックしていきましょう。

競馬のオッズと同じように、株の配当利回りが高いということは、人気がそれほど高い株ではないことを表しています。

一方で人気の高い株は、配当利回りが低くなる傾向があります。

東証1部の全銘柄の配当利回りの平均は1.45%(※2017年11月27日時点)なので、この平均配当利回りを基準に高いか低いかを判断し、毎年平均的な配当利回りを安定して出しているような株の銘柄を選ぶと良いでしょう。

これはあくまで参考ですが、10年、20年と配当金額を業績の成長とともに増やしている企業であれば、なお良いと言えます。

配当利回りが高すぎる株は、少しリスクが高くなるので、堅実に資産を増やしたいという方にはおすすめできません。

長期目線での投資をするなら配当金も考慮しよう

株式投資で一番利益を得られるのは値上がり益ですが、株式を長期保有することを考えれば、例え配当利回りが1.5%であっても見逃せない利益となります。

銀行の金利が良いネット銀行で0.1%程度であることを考えると、資産を預金で塩漬けにしているよりも、安定した配当金を株主に還元している株に移し替えることで、より金利の良い資産運用を行うことができます。

サラリーマンで株式投資を長期目線で行うのであれば、しっかり配当金の利益も考慮した上で銘柄を選ぶようにしましょう。

閲覧数ランキング