広告枠
    FinancialLabTOP > 資産運用について学ぶ > 株式投資 > 【これで基礎はバッチリ】今さら聞けない株式投資とは?
2018年7月8日

【これで基礎はバッチリ】今さら聞けない株式投資とは?

The following two tabs change content below.
大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

普段は個人投資家として活動しつつ、「日本人の金融リテラシーを向上させる」ことを使命として投資教育メディア『ファイナンシャルラボ』を運営しております。山口県下関市出身。

投資と聞くと真っ先に思い浮かぶのが「株式投資」だと思います。

よく「株式投資」と聞くと、「危なそう・・・」「ギャンブルじゃないの・・・」などという方がいらっしゃいますが、すべてやり方次第です。

中には株式投資で堅実に資産を増やす方法もたくさん存在します。

ここでは、そんな株式投資の基本的な仕組みから、メリットやデメリット、また会社員や公務員が堅実に資産形成していくためにおすすめの株式投資手法まで、丸っと分かりやすく解説していきます。

株式投資とは?

「株式」とは、株式会社が資金調達の目的で発行する証券です。

株式を保有する割合によって経営権が決まる仕組みになっているので、株式を保有すると「株主総会」などへの出席権が与えられ、会社の経営にも参画することが可能です。

また、「株式」の価値は株式会社の成長とともに上がってくるため、長年投資対象として扱われてきました。

この「株式」の値上がりを期待して、また株式を購入することによって得られる将来的な利益を期待して株式を購入することを「株式投資」と呼びます。

株式投資の基礎知識についてより詳しく知りたい方は次の記事も参考にしてみてください。

>>「株式投資初心者が知っておくべき株の基礎知識」

◉-1、株式投資はだれでもできるの?

株式投資は基本的に誰でも購入することが可能ですが、公務員に関しては少し慎重にならざるを得ません。

なぜなら「公務員は自営兼業を行ってはいけない」と法律で定められているためです。

確かに株式投資で利益をあげている公務員もいるようですが、株式投資は自営兼業にあたるのかどうかは法律的には解釈が微妙なため、上長などに聞いて確認をとった上でやるのがベストだと言えます。

より詳しく知りたい方は、「公務員は株式投資をやっていいのか?」について詳しく解説した次の記事も合わせてご覧ください。

>>「公務員でも株式投資は可能?」

株式投資はいくらから始められる?

株式投資は銘柄によって購入最低単価が異なります。

株価が10円の銘柄などは10円から株式を購入することができます。

しかし、最低購入株式数(1単元)が企業毎に決められているので、必ずしも1株から購入できるとは限りません。

また、株式を購入するためには証券口座の開設が必要になり、取引には手数料がかかります。

そのため、購入最低単価は次の式で計算することができます。

株式購入最低単価 = 株価(※購入時時点)+ 最低購入株数(1単元) + 手数料(※証券会社によって異なる)

例えば、世界的タイヤメーカーのブリヂストンであれば、1株4,092円(※2018年7月6日時点)、最低購入株数(1単元)が100株なので、株式購入最低単価は、40万9,200円になります。

株式投資に必要な資金についてより詳しく知りたい方は次の記事も参考にしてみてください。

>>「株式投資はいくらから始められるの?必要最低資金はいくら?」

株式投資のメリット・デメリット

株式投資のメリットは、次の2つです。

  • 投資による利益が「売却利益」「配当金」「株主優待」とバラエティ豊か
  • 経営に参画できる権利が得られる

株式投資のメリットは、他の投資と違い売却利益だけではなく、配当金や株主優待という形でも還元されることや、経営に参画できる権利が得られることです。

しかし、一方で、ある程度初期投資資金が必要になるリスクや値下がりするリスク、いつでも買いたい時に買えて、売りたい時に売れる訳ではなく、「売り手」と「買い手」が揃ってはじめて取引ができるので、少し投資としては参入ハードルが高いというのがデメリットです。

株式投資でやってしまいがちな失敗と、失敗する人の共通点

やり方さえしっかり抑えておけば比較的投資としては低リスクで始められるものの、ギャンブル的に株式投資をやってしまったりすると、大きく資金を失ってしまう事にもなります。

よくインターネットなどで「投資に成功するためのノウハウ」などが多数出てきますが、「投資の成功」とは、「失敗しないこと」です。

そのため「成功に学ぶのではなく過去の失敗事例と同じことをやらないようにする」ことが非常に大切です。

次の記事では株式投資での失敗例などをまとめていますので、ぜひこれから株式投資を始めるという方は、次の記事をよく読み、同じ失敗をしないように注意しましょう。

>>「株式投資で失敗する人の共通点と、やってしまいがちな失敗例」

株式投資の種類

株式投資では投資対象としては「株式」の1種類ですが、投資の仕方によって大きく次の3つの種類に分かれています。

  • 短期投資(数日単位で売買取引をし、利益を積み上げる手法)
  • 中期投資(数ヶ月単位で売買取引をし、利益を出す手法)
  • 長期投資(数年単位で売買取引をし、利益を出す手法)

投資の仕方によってリスクや難易度が大きく変わってきます。

難易度とリスクは次のようになります。

(難・リスク高)短期投資>中期投資>長期投資(簡・リスク少)

このように短期取引よりも、長期取引の方が簡単でリスクも少ないのです。

サラリーマンにおすすめの投資方法の種類は?

例えば次のトヨタ自動車(株)の10年間の株価の動きを見てみましょう。

【引用元:Yahoo!ファイナンス「トヨタ自動車(株)」

短期的にみると上がったり下がったりしていますが、長期的に見ると株価は上昇しています。

このように、会社は年数が経つにつれて株価は上昇していくものなので、値動きが激しい短期投資よりも、長期投資の方が、リスクが少なく取引ができるのです。

投資の神様と呼ばれるウォーレン・バフェットもこの長期投資を推奨しています。

また、投資家は短期で利益をあげなければ生活ができませんが、会社員や公務員は毎月一定の給料をもらっているので別に投資ですぐに利益をあげなくても生活することができます。

そのため、このような時間を味方につけて将来の資産を形成できる長期投資こそ会社員や公務員のもつ「時間」という強みを最大限に生かした投資手法と言えるのです。

会社員や公務員などの強みを生かした投資手法についてもっと詳しく知りたい方は次の記事も参考にしてみてください。

>>「サラリーマンにおすすめの株式投資法とは?」

IPO株式投資って実際どうなの?

株式投資の投資対象はあくまで「企業の発行する株式」ですが、株式会社を設立した当初から株式をだれもが売買できる訳ではありません。

今現在私たちが証券口座を作って取引できる株式は「上場株式」と呼ばれるもので、証券取引所に株式を公開して、一般的に広く株式取引ができるようにしたものに限ります。

このように株式を上場させることをIPO(Initial Public Offering)と呼び、この上場の前と後では株式の価値が大きく変化します。

この上場時の変化を狙って大きく利益をあげようというのがIPO株式投資です。

IPO株式投資は銘柄が決まっているということや、大きな利益をあげられる可能性が高いということから株式投資家に人気の手法であり、IPO株はすぐ売り切れてしまいます。

そのため、本業があってなかなか投資の時間が割けないという人にとってはあまり推奨できない投資手法です。

しかし中にはうまく時間を作って大きな利益をあげているサラリーマン投資家もいますので、興味のある方は次の記事もぜひ参考にしてみてください。

>>「IPO株とは?株式投資初心者にIPO株は本当におすすめなのか?」

外国株式投資って実際どうなの?

株式を発行しているのは日本の会社だけではありません。

そのため、海外の企業の発行する株式を購入することも可能です。

このように、海外の企業の株式を購入することを「外国株式投資」と呼び、日本とはまた違った利益が得られるということから、注目を集めています。

外国株式投資の魅力は次の3つです。

  • 世界的大企業に投資ができる
  • 本当の意味でのベンチャービジネスに投資ができる
  • 株主への還元が手厚い

日本の大企業は日本国内で見ると大企業ですが、世界にはその規模をはるかに超える規模の巨大企業が数多く存在します。

実は企業規模を表す企業の時価総額ランキングトップ100に日本の企業は2社しかランクインしていません。

そのため大きな可能性を持った企業に投資をできるというメリットが海外株式投資にはあります。

また、外国の企業は日本の企業と違い、株主を非常に大切にします。

そのため配当金などの還元率がよかったり、株主優待なども積極的に行なっていたり、また会社の利益を優先するために冷酷と言えるほどバッサリとリストラなどを行います。

このように日本企業にはない魅力に投資することができるのが外国株式投資の魅力です。

>>「外国株式投資の魅力!メリットとリスクをわかりやすく解説」

株式投資の具体的な始め方と手順

株式投資を始める方法は実にシンプルです。

次の1〜3の手順に沿って、証券会社に証券口座を作るだけで、簡単に始めることができます。

  1. 資金を準備する
  2. 証券口座を開設&入金
  3. 株式を購入する

各証券会社のHPなどから簡単に口座解説ができるので、もし株式投資を初めてみたいという方は次の記事を参考に証券口座を作ってみましょう。

>>「着実に資産を増やしたい人のための株式投資の始め方」

儲かる株の銘柄の選び方のコツ

株式投資の目的は「利益」です。

どうせ投資をするのであれば、「損をせず着実に利益を出せる株に投資をしたい」というのが本音だと思います。

儲かる株式銘柄の選び方や手法はたくさん存在しますが、会社員や公務員が堅実に利益を積み上げていきたいと考えているのであれば、配当金を意識した銘柄選びをしましょう。

配当金とは企業の業績に応じて株主に配られるお金のことです。

1年に1回配当金を支払っている企業もあれば、2〜4回と複数回支払いを行なっている企業もあります。

長期投資の場合にはこの配当金による利益が非常に大きな存在になりますので、配当金の支払い実績や業績などを四季報やYahoo!ファイナンスで調べながら、配当金のない「無配」、配当金が減る「減配」などを行なった実績などを調べ慎重に銘柄を選んでいきましょう。

詳しい選び方のコツについては次の記事に詳しく解説してありますので、そちらも合わせてご覧ください。

>>「着実に資産を増やしたい人のための、儲かる株の銘柄の選び方」

株価チャートは最低限見れるようにしておこう

株式の価値の値動きは株価チャートというものでリアルタイムで見ることができます。(※証券口座などを開設することで見れるようになります)

株価チャートを読むのは難しいと最初は感じてしまうかもしれませんが、意外と簡単です。

最低限「今現在株価がどのような状態なのか?」は見れるように、株価チャートの基本について勉強しておくことをおすすめします。

次の記事に株式投資を始めるのであれば最低限見れるようにしておきたい株価チャートの見方を分かりやすく解説していますので、こちらも合わせてお読みください。

>>「株式投資初心者が知っておくべき株価チャートの見方」

ベーシックな株式投資分析テクニック

長期投資の場合にはあまり関係はないのですが、短期・中期投資で今後の株式の値動きを予想するための代表的な分析テクニックが2つ存在します。

それが「テクニカル分析」と「ファンダメンタルズ分析」です。

それぞれ次のような特徴を持った分析手法であり、時と場合、また銘柄などによってこの2つの分析を使って株価を予測して、投資判断をしていくのが一般的な株式投資家の投資テクニックです。

  • テクニカル分析・・・チャートにある情報(株価や出来高、時間軸、ローソク足の形状、トレンドなど)を組み合わせて売買タイミングを分析する手法。基本的には短期の値動きを分析するのに使われる。
  • ファンダメンタルズ分析・・・経済動向や、業界全体の動向、企業の財務状況などから値動きを分析する手法。基本的には長期的な値動きを分析するのに使われる。

会社員や公務員が長期投資をする上で、一応はどちらの分析手法も知っておいて損はありませんが、特にファンダメンタルズ分析については詳しく勉強しておいた方が良いと言えます。

次の記事に「テクニカル分析」と「ファンダメンタルズ分析」のやり方が書いてありますので、こちらでしっかりと勉強してから株式投資に臨みましょう!

>>「株価チャートのテクニカル分析のやり方」

>>「株価チャートのファンダメンタルズ分析のやり方」

株式投資にかかる税金

株式投資で20万円以上の利益があがった場合には、確定申告をし、税金を納めなければなりません。

会社員や公務員の場合、会社が税金の手続きをすべて代行してくれているため、なかなか馴染みが薄いと思います。

中には今までに一度も確定申告を自分でやったことがないという方も多いと思います。

次の記事に株式投資にかかる税金の考え方や確定申告の仕方、節税対策などを分かりやすくまとめてありますので、今後株式投資を始めたいと考えている方は税金についてもしっかりと勉強しておきましょう。

また、株式投資は「副業」ではないため、会社の副業規定に抵触しないことがほとんどだと言われていますが、会社に株式投資をやっていることがバレないようにするためにはどうすべきか?なども書かれているので、ぜひ参考にしてみてください。

>>「株式投資にかかる税金とやっておくべき節税対策」

サラリーマンには長期の株式投資がおすすめ!

株式投資は、一見するとギャンブルに思えたり、投資として不安定に思えるかもしれませんが、それはドラマやドキュメンタリーなどでデイトレードなど短期投資について多く取り上げられているためです。

実は株式投資は、長期投資という「時間」を味方につけた投資方法を選択すれば、堅実に利益を出していける優れた投資手法なのです。

特に毎月利益を上げ続けなくても生活ができる、また証券会社のトレーダーのように短期間で利益をあげることを求められない会社員や公務員にとっては非常に魅力的な投資と言えます。

これから将来の資産形成をするために株式投資を始めようと考えているのであれば、ぜひ長期の株式投資を検討されてみてください。