広告枠
    FinancialLabTOP > 資産運用について学ぶ > 積立 > なぜ損をしにくいの?積立投資の仕組みを徹底解説!
2018年6月11日

なぜ損をしにくいの?積立投資の仕組みを徹底解説!

The following two tabs change content below.
大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

普段は個人投資家として活動しつつ、「日本人の金融リテラシーを向上させる」ことを使命として投資教育メディア『ファイナンシャルラボ』を運営しております。山口県下関市出身。

積立投資はよく「リスクが少ない投資」と言われ、老後に資産形成のための投資方法としては最適だと言われます。

一体なぜ積立投資はリスクが少ないのでしょうか?

今回はそんな会社員や公務員の資産形成に最適と言われている積立投資の仕組みについてわかりやすく解説いたします。

積立投資とは?

積立投資とは、毎月一定の金額の金融商品を購入し続ける投資方法です。

コツコツと利益を積み上げていくことで長期目線で運用利益を得ていくことができる上、毎月1,000円程度の少額から始めることができるため、すぐにまとまった資金を用意することができない会社員や公務員などに人気の時間を味方につけた投資方法です。

一括投資と比較しながら理解する!積立投資の仕組み

積立投資の仕組みは簡単です。

毎月設定した金額分の金融商品を購入し続けていくことで、運用利益を得ます。

始めた当初は投資元本が少ないため運用利益は少なくなりますが、これが1年、10年と長期になるにつれて、投資元本は大きくなりまとまった利益を得ることができます。

例えば毎月1万円で利回りが5%の金融商品を購入し続けたとしましょう。※実際には利回りには変動がありますが、今回はすべて5%で計算しています。

この場合、最初の1年目には投資元本は12万円となり、利益は6,000円ほどです。

つまり、1年後には12万6,000円になっているという事です。

この12万6,000円の投資元本となり、2年後には24万6,000円、利益は1万2,300円ほどになります。

つまり、2年後には24万円の投資元本が、25万8,300円になっているという計算です。

さらに次表のように3年、4年、5年、10年と積立ていくと、最終的には120万円の投資元本が158万円に増えている計算になります。

年度 投資元本 資金 運用利益
1 12万円 12万6,000円 6,000円
2 24万円 25万8,300円 1万8,300円
3 36万円 39万7,215円 3万7,215円
4 48万円 54万3,075円 6万3,075円
5 60万円 69万6,229円 9万6,229円
6 72万円 85万7,041円 13万7,041円
7 84万円 102万5,893円 18万5,893円
8 96万円 120万3,187円 24万3,187円
9 108万円 138万9,347円 30万9,347円
10 120万円 158万4,814円 38万円4,814円

このように毎月1万円だけであっても、10年、20年と長期で積立を続ければそれなりの金額に増やす事ができるのです。

また、積立投資の最大のメリットは「損をしにくい」という点です。

上記表では毎年利回り5%という固定利回りで計算しましたが、実際には金融商品なので利回りには変動があります。

時には一気に落ち込む可能性もあります。

しかし、そういう中でも積立投資は「損をしにくい」とされています。

その理由は、毎月一定額で商品を買い続けます。

そのため、安い時には多く、高い時には少なく購入し続けることができるので投資における価格変動のリスクを最小限に押さえることができるのです。

値下がり相場の場合には積立投資が有利

通常、一括投資の場合には、値が下がり続けるような相場の時には、高く買って、安く売らなければならない可能性が高いので購入を控えます。

しかし、積立投資の場合には、値が下がり続けていたとしても一定額を購入します。

そのため、値下がり相場の時にはそれだけ多くの商品を購入することになるのです。

その後相場が戻った際に、安く買ったものの価値が上がるため、一気に運用利益があがるという訳です。

そのため、こういった値下がり相場の時にこそ積立投資は「損をしない」というメリットを存分に発揮することができます。

値上がり相場の場合には一括投資が有利

右肩上がりの値上がり相場の場合には、一括投資の場合には、安く買って高く売れる可能性が高いため、購入を行います。

一方で積立投資の場合には、値が上がっているため購入できる量が少なくなってしまいます。

そのため、運用利益がはどうしても一括投資の方がよくなります。

しかし、この値上がり相場が一気に急落した場合には、一括投資の場合には大損をしてしまいますが、積立投資の場合にはそもそも高い時に買った量が少なくなるため、損をする量も少なくなるという訳なのです。

損をするリスク一括投資よりは少ない

先ほどご紹介した通り、積立投資は毎月高くても安くても一定額分を買い続けるため、右肩下がりの相場であったり、右肩上がりだけれども相場が落ちてしまったりした際に損をすることがありません。

一括投資の場合には、どうしても自分の決めた買い時で買って、売り時で売るため、そのタイミングを見誤ると大きな損をしてしまいます。

しかし、積立投資の場合には、そういったタイミングを考えることなく毎月同じ金額を買い続けるので自動的にリスク分散をすることができるのです。

よって、一括投資に比べると積立投資の方が損をしにくいという判断ができるのです。

守りの投資として積立投資はおすすめ

いかがでしたか?会社員や公務員など本業がある人はプロの投資家とくらべると、買い時と売り時を見極める時間もありませんし、相場を見る暇もあまりありません。

積立投資であれば、自分で買い時や売り時を見極める必要が一切ないうえ、相場が高いときには少なく、安い時にはたくさん買うといった自然にリスク分散をすることができるので、プロの投資家というよりはむしろ、会社員や公務員などにおすすめの守りの投資方法としておすすめです。