広告枠
    FinancialLabTOP > 資産運用について学ぶ > 積立 > 積立投資は本当に安全なの?知っておくべき積立投資の7つのデメリットとリスク
2018年6月11日

積立投資は本当に安全なの?知っておくべき積立投資の7つのデメリットとリスク

The following two tabs change content below.
大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

普段は個人投資家として活動しつつ、「日本人の金融リテラシーを向上させる」ことを使命として投資教育メディア『ファイナンシャルラボ』を運営しております。山口県下関市出身。

近年「つみたてNISA」が話題となり「積立投資」という資産運用方法を始める人が増えています。

少額から投資を始められることや、リスクが少なく安全ということから会社員や公務員など将来の資産形成のためには最適な資産運用方法だと言われていますが、実際はどうなのでしょうか?

ここでは、積立投資を始める前に知っておきたい積立投資の7つのデメリットとリスクについて解説していきます。

積立投資とはどんな資産運用方法?

積立投資とは、毎月同じ金額をコツコツと運用に回していく資産運用方法です。

例えば毎月1万円と決めたら、毎月1万円づつ金融商品を買っていきます。

1ヶ月で見れば大した投資金額ではありませんが、毎月毎月コツコツと積み上げていくことで、1年で12万円、10年間で120万円になります。

そのため長期的に利益を得ることができるのです。

積立投資の5つのデメリットとリスク

積立投資は、毎月同じ金額で、同じ商品を買っていくため、「価格変動に強い資産運用方法」として知られています。

金融商品は日々価格が変動していますので、安い時に買って、高い時に売る、いわゆる買い時と売り時を見極めることが大切です。

しかし、日々変動する価格の中で、これを見極めるのは非常に高度な知識を必要とします。

また、会社員や公務員は本業がありますから、プロの投資家のように日々変動を見ていられる訳ではありません。

積立投資であれば、毎月同じ金額で同じ商品を買うので、安い時に多く、高い時に少なく自動的に購入することができてしまう訳なのです。

そのため、高い時に多く買ってしまう心配がないため、価格変動を気にせずに堅実に運用利益を積み上げていくことができます。

よくネットなどで調べると「積立投資はリスクが少ない」と言われるのは、そのためです。

しかし、積立投資も投資方法の一つです。

当然メリットもあればデメリットもリスクもあります。

デメリット1:短期間で大きな利益は見込めない

一括投資の場合、安い時に一気に買って高い時に一気に売ればすぐに大きな利益を得ることができますが、積立投資は安い時にも高い時にも購入します。

そのため、一括投資のように高い時に一気に買って安い時に一気に売ってしまうような短期的な大損はしませんが、大きな利益を短期間であげることは難しいと言えます。

積立投資は時間を味方につけた投資方法なので、最初の数ヶ月、数年の利益は微々たるものです。

例えば100万円分金融商品を買って、相場が倍になったとすればその金融商品の価格は200万円となり、一気に100万円増えます。

一方で毎月1万円と決めて積立投資を始めた場合、相場が倍になったとしても2万円で、1万円増えただけです。

しかし年々投資元本は上がっていき、毎月1万円であれば、最終的に10年後には投資元本は120万円、20年後には240万円となっているので、長期的に見て大きな利益になって帰ってくるのが積立投資です。

デメリット2:運用に手数料がかかる

積立投資は金融商品を毎月一定額分購入していくため、買付に対して数%程度の手数料がかかる場合があります。

例えば純金積立であれば、毎月の買付に対して数%の手数料が取られることが一般的です。

こういった手数料を入れた利益計算をしていないと、相場は上がっているはずなのに手元に利益が残っていないという事にもなりかねません。

積立投資を始める最初の段階で、「どれくらいの手数料がかかるのか?」「手数料を引いても利益はでるのか?」について確認しておきましょう。

おそらく金融商品を購入する証券会社側から最初の段階で手数料を含めた試算表をもらえる事が多いですが、自分でも一応チェックしておくこと、把握しておくことが大切です。

デメリット3:100%元本保証ではない

積立投資は、預金や個人向け国債のように元本保証されている訳ではありません。

積立投資はいくらリスクが少ないと言っても投資です。

極端な話ですが、仮に購入した金融商品の価値が0になってしまえば、当然損をしてしまいます。

株式投資やFXなど短期投資や一括投資に比べてそういったリスクが少ないというだけであって「元本割れのリスクが無い」という事ではないので注意しておきましょう。

デメリット4:どんな金融商品を購入しているのかの詳細が管理できない

純金積立であれば、金を購入しているという事がはっきり分かりますが、購入する金融商品によっては国内株式30%、外国株式30%、日本国債10%、海外国債30%のように、割合で買っている場合もあります。

この場合、例えば金の場合には金の価値が上がった、下がったということをざっくり把握することができますが、買っている商品がバラバラな場合にはこれが難しくなります。

そういった事を気にせずに始められる投資というのも積立投資の1つのメリットではあるのですが、自分の大切な資産ですから、もし下がっているのであれば割合を変えたりする事も大切です。

積立投資はそういった意味で、自分で管理が難しいというデメリットがあるという事も覚えておきましょう。

デメリット5:資産運用をしているという意識が薄い

積立投資はいわば毎月1万円天引きされる金利の大きな貯金のような感覚で始められる方が多いと思います。

そのため、資産運用をしているという意識がどうしても薄れてしまいがちです。

そのため、資産運用に関して最低限の知識を持っていなかったり、いざと言う時の対応がおろそかになりがちです。

そういった塩漬けのような感覚で損をしにくい資産運用方法というのも積立投資の1つのメリットだと思いますが、資産運用をしている以上元本保証はありません。

一括投資や短期投資に比べてそういった意識が薄いがために、いざという時に対応が遅れてしまいがちというデメリットもあるという事も覚えておきましょう。

積立投資は時間を味方につけた資産運用方法!

積立投資は確かにリスクが少なく、毎月一定額を貯金感覚でコツコツ資産運用に回していける資産運用初心者にとってはおすすめの資産運用方法です。

短期的に大きな利益を見込むことは難しいですが、例えば毎月の積立金額を大きくすればするほど得られる利益は大きくなります。

短期投資や一括投資のようにタイミングを見極める必要もなく、堅実にコツコツと利益を積み上げていける時間を味方につけた投資」なので、会社員や公務員などが20年後、30年後の資産形成を目的に行うのに適した方法と言えます。

もし会社員や公務員が何か将来のために資産運用を始めたいという場合には、一番堅実で失敗の少ない投資方法としておすすめです。