広告枠
    FinancialLabTOP > 資産運用について学ぶ > その他 > 注意すべきソーシャルレンディングのデメリットとリスクとは?
2018年6月11日

注意すべきソーシャルレンディングのデメリットとリスクとは?

The following two tabs change content below.
大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

普段は個人投資家として活動しつつ、「日本人の金融リテラシーを向上させる」ことを使命として投資教育メディア『ファイナンシャルラボ』を運営しております。山口県下関市出身。

新たな投資方法として「ソーシャルレンディング」がブームになりつつあります。しかし、投資にはメリットがある反面、デメリット・リスクも存在します。

ただし、デメリット・リスクを理解しないと、損をしてしまう可能性ももちろんあります。

今回は「ソーシャルレンディングのデメリット・リスク」を8つ紹介します。

ぜひ、ソーシャルレンディングを始める前に「デメリット」と「リスク」について把握しておきましょう。

ソーシャルレンディングのデメリットとリスク

ソーシャルレンディングは、利率が良かったり少ない投資額で参加できるなどのメリットもあります。

しかし、その反面デメリットやリスクがあるのも事実です。

メリットだけではなく、こういったデメリットやリスクを事前に把握し、対策できるものは事前に対策しておかなければ、損失を抱えてしまう可能性もあります。

主にソーシャルレンディングには次のようなデメリットとリスクがあります。

元本保証されておらず貸し倒れリスクがある

貸し倒れとは、出資額を回収できないことです。

投資会社が資産の運用に失敗したり、倒産したりすることで貸し倒れの確率も上がります。

とくに、リーマンショックなど大規模な不景気に巻き込まれると、貸し倒れの恐れがあるので注意しましょう。

取引手数料がかかる

取引手数料がかかるケースもあります。出資額の〇%、1回に付き〇円。という形で、設定されていることが多いです。

また、取引手数料の他に「振込手数料」、「出金手数料」がかかるケースもあります。ソーシャルレンディングを利用するときは取引手数料が安い会社を選択することをおすすめします。

途中解約ができない

これは意外と見落としがちなポイントです。

ソーシャルレンディングは一度申し込んでしまうと、満期になるまで途中解約ができません。

損失額が大きくなっても、別の投資案件に出資した金額を振り替えたいと思っても、満期にならない限り行動に移せません。

投資案件によっては、1年以上運用し続けなければならない場合もあるので、投資案件は慎重に選びましょう。

なお、投資案件を選ぶときは下記内容に注意してください。

・大量の資金をつぎ込まない:投資金を全額つぎこむことをするのは辞めましょう。なぜなら、莫大な損失が出たときに取り返しがつかなくなるからです。ソーシャルレンディングでは、1万円あれば出資できるので、損失をしても大して影響がない投資額で参加することをおすすめします。

・運用実績を確認する:ソーシャルレンディング会社で紹介された投資案件に出資する場合は、運用実績を確認するのも大事です。過去に運用実績がプラスになっている案件を選択しましょう(時代背景などによって、損失が出るケースもあります)。

ソーシャルレンディング会社が運用実績を公開しているということは、それなりに自信がある投資案件だと言っても過言ではありません。

例え、高利回りでも運用実績を公開していない場合は、良い結果が出なかった案件の可能性も高いので気を付けてください。

運用開始までのタイムラグがある

出資をしたからといって、すぐに運用が始まるわけではありません。

出資を募る期間が終了後、運用が始まります。運用開始から終了までの流れは下記の通りです(※期間の長さなどは、案件によって異なります)。

  1. 期間内に出資をする(例.2018年1月8日13:00~2018年1月15日12:59)
  2. 出資期間終了後から数日後に運用が始まる(例.2018年1月18日~2018年4月18日)
  3. 運用期間終了後に投資が終了する(例.2018年4月18日に投資が終了する)

上記の場合、2018年1月8日に出資をしたとしても運用開始は1月18日です。

仮に、3カ月間(91日間)で利回り5%の投資案件でも、タイムラグ分(1月8日~1月17日の10日分)を入れると「5.0%×91日÷(91日+10日)」となるので、実質利回りは「約4.5%」にまで下がります。

早期償還リスク

早期償還の具体例は下記の通りです。

例)「2018年7月1日~2019年6月30日」の1年間、年間利回り8%で運用される予定だったが「2018年12月31日」に早期償還を迎えた。

つまり、当初予定していた運用期間が短縮されることを指します。早期償還が起こると、運用期間が縮まるため手元に入る「配当利息」が減ります。例えば、100万円出資していた場合であれば、配当利息が「10万円」から「5万円」へ減少することになるのです。

ソーシャルレンディング事業者の倒産

ソーシャルレンディング会社が倒産する危険性もあります。

今現在十数者あるソーシャルレンディング事業者の中で倒産した事業者はまだ一社もありませんが、今後起こりうるリスクとして考えておく必要があります。

 

融資先のデューデリジェンスができない

融資先の審査ができないのもデメリットです。

投資家自身が危険な投資先だと思っても、ソーシャルレンディング会社が「OK」と判断した投資先であれば、投資家が止めることはできません。

クチコミやソーシャルレンディング会社の情報を参考にして、出資することをおすすめします。

なかなかいい案件が取れない

いい案件を取るのが難しいのもリスクです。

いい条件の案件は人気で、融資をしたくてもなかなか融資できないというケースもよくあります。

やるならばリスク分散を忘れずに!

ソーシャルレンディングは効率の良い投資方法ではありますが、まだ法規制などが追いついていない新しい投資方法です。

全ての資金をソーシャルレンディング投資に回すのは危険です。

あくまで、投資手法の一つだと思って検討するようにしましょう。