広告枠
    FinancialLabTOP > 資産運用について学ぶ > 不動産投資 > あなたのマンションに入居者がつかないならまずこれを試してみよう
2017年12月23日

あなたのマンションに入居者がつかないならまずこれを試してみよう

The following two tabs change content below.
大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

普段は個人投資家として活動しつつ、「日本人の金融リテラシーを向上させる」ことを使命として投資教育メディア『ファイナンシャルラボ』を運営しております。山口県下関市出身。

動画を文章に起こしたものはこちら

入居者がなかなかつかない

大家さんの為にお話をさせて頂きます。

 

致命的な悩みとして、入居者がいないということなんですけど

住んでくれる人がいないわけなのでどうしようどうしようと

色んな施策を打つ訳なんですけど、

良くあるのが家具を入れて家具付き物件にして賃貸の募集を

すればいいんじゃないかって思っている方が多いんですね。

ただですね、私はそれはちょっと早いんじゃないかと思うんです。

 

と言うのも、家具を入れたら家具を買う必要がないから

喜ぶのではないかという判断をしてしまう方はですね、

それは市場を狭めていることにもなります。

どういうことかというと、家具を持っている人からすると

家具って高いんですよ。

机だけで60万円するのを持っている可能性もあるんです。

 

そんなお金持ち向けに仕掛けている訳じゃないから、

家具付きを望んでいる人を狙いますじゃなくて、

一般的に高い安いは置いといて自分の家具に愛着を持っている人って

特に日本人って勿体無い精神があるので捨てると言うのはあまりできないんです。

 

なので家具が入ってるだけで実は選択肢から

外れるということが良くあるんですよ。

なので家具を変える前にあまり邪魔にならないものを

変えた方が良いんですね。

ということで今回は、壁紙を変えてみましょうと。

という話をしたいと思います。

 

すごい普通の真っ白の壁紙ですと、

つまらない訳です。特徴もないし、この部屋を選ぶ理由もないわけです。

これをデザインして壁紙を変えると、

印象がだいぶ変わります。

これだけで印象が変わってくる訳ですよ。

 

壁紙を変えることによって印象が変われば、

まず賃貸募集をする時に写真を撮りますよね。

スーモさんであったり、ホームズさんであったり写真で判断して人って

決めているわけでありますから一つの要因としてですね、

壁紙が気に入ったとか部屋の雰囲気が気に入ったとかで決まるんですね。

しかも壁しか変わったないので、持っている家具はそのまま持ち込めるということに

なります。なので順番としては先に壁紙を変えた方が良いと思います。

以外にですね、DIY自分でですねかなりコストダウンしてテコ入れできるんです。

 

今DIYできる機材がかなり増えていて、ホームセンターにいっぱい売ってるので

是非ご自身で休日などで時間を使ってですね空室をですね、

綺麗にオシャレにデザインしていただければ良いテコ入れになって

良い写真を撮って募集を開始してみたらどうでしょうか。

 

ということで今回は家具を入れる前に壁紙を変えてみましょう!

というお話をさせていただきました。

閲覧数ランキング