広告枠
    FinancialLabTOP > 資産運用について学ぶ > 不動産投資 > 不動産をもっとお得に購入することができるポイントを大公開
2017年12月23日

不動産をもっとお得に購入することができるポイントを大公開

The following two tabs change content below.
大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

普段は個人投資家として活動しつつ、「日本人の金融リテラシーを向上させる」ことを使命として投資教育メディア『ファイナンシャルラボ』を運営しております。山口県下関市出身。

動画を文章に起こしたものはこちら

不動産において金利とは非常に大切です。

不動産初心者の方に今回は金利が低ければ低いほど、

お得ですということを再確認できる内容です。

 

そもそも不動産投資とはどういう投資でやっているのかというと、

月々ローンの支払いがあります。

それに家賃収入があると思うのですが、

このバランスがすごく重要になってきます。

 

ローンと家賃収入を足し算するとキャッシュローンというものになります。

例えばローンの支払いが12万円に対して、

家賃収入が10万円あるとします。

これはマイナス2万円のキャッシュローンになり

月々万円の手差しがあるということです。

 

この不動産はやるべきかやらないべきかというところなんですが、

キャッシュローン見ただけでは判断できません。

不動産は最終的に35年の支払いが終われば、

家賃収入が入ってくるという形で権利収入ができます。

 

でも、金利が下がってくるとどうなるかというと

例えば3000万円の券を買ったとすると、

返さないといけないという時に利息がつきます。

この部分の金額を下げることができるというのは、

金利を下げることによってできます。

なので金利を下げれば、返さなきゃいけない総支払額と月々の支払い

両方とも下げることができます。

 

なのでローンの支払いも下がって来ます。

不動産組む時に金利を下げることは、

直接的なキャッシュローンに影響があるということです。

金利を低く引っ張った方がいいと言いますけど、

ではどれだけ金利の与える影響が大きいのか。

3000万円の物件で例を出していきたいと思います。

3000万円を銀行から融資を受けます(普通に借りる)とします。

 

金利1パーセントの場合と、

3パーセントの場合。

35年かけて返すプランだと

どのくらい違うのかというと、

 

なんと1300万円以上も差額が変わって来ます。

3000万で買いたかったのに、

金利がつくことによってもともとの元本の約半分くらい変わってくるんです。

 

これは大きな差です。

金利1パーセントはもちろん、

0,1パーセント刻みで交渉していくことが必要になってきます。

できるだけ金利を低くした方がいいので準備も必要です。

では、どうしたらいいのと思う方もいるかとおもいます。

これにはいくつか方法があります。

探せば無限にあるかも知れません。

 

そのなかで早く実現させる方法と、

時間をかけて金利を下げていく交渉することができる方法があるので、

そういったところを皆さんに合う形でチョイスしていくことが重要です。

 

なので提案された金利を鵜呑みにして買ってしまうと勿体無いので、

金利を落とすということを忘れずにやっていきましょう。