広告枠
    FinancialLabTOP > 資産運用について学ぶ > 暗号通貨投資 > ICO投資を行う際の注意点と実際にICO投資を行う手順を解説
2018年2月7日

ICO投資を行う際の注意点と実際にICO投資を行う手順を解説

ICOに投資を行う際に注意すべき点とは?_001
The following two tabs change content below.
大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

普段は個人投資家として活動しつつ、「日本人の金融リテラシーを向上させる」ことを使命として投資教育メディア『ファイナンシャルラボ』を運営しております。山口県下関市出身。

ICOは企業や個人が独自に「コイン」や「トークン」といった仮想通貨を発行・販売し、事業資金の調達を行う、新しい資金調達の方法です。
新規に株券を発行し投資家より資金を調達することがIPOなのに対して、新規に仮想通貨つまりCOINを発行することからICOと名付けられています。

ビットコインの値上がりなどにより、仮想通貨に注目が集まっている昨今、手軽に投資が行えて大きなリターンが期待できるとしてICOにも注目が集まってきています。
2017年5月ごろに500億円程度だったICOの市場規模も10月ごろに一気に2,500億円規模まで急激な成長を遂げているという点からもICOヘの注目具合が分かります。

しかし、一見魅力的に見えるICOですが、実は投資家側から見れば投資家を保護する法整備やルール作りもされていない無法地帯のような案件であり、非常にハイリスクハイリターンな投資案件なのです。

本記事では、そんなICOに投資を行う前に知っておくべき注意点をご紹介いたします。

ICOに投資をする上で注意すべき3つのポイント

ICOはまだまだ法整備などのルール作りがきちんと行われていないことから、詐欺まがいの案件も多く、ハイリスクな投資案件と言えます。
一方で、IPO株以上の大きなリターンを得られる可能性を秘めたハイリターンという魅力を持った投資方法でもあります。

投資家を保護する法整備などはほとんど無いに等しいため、ICOに投資を行う場合にはすべて自己責任で行う必要がありますが、そんな中でも損をするリスクを最小限に抑えるために最低限次の3つのポイントを抑えておきましょう。

【ポイント1】ホワイトペーパーをしっかり読み込む

通常IPO株を購入する際には、事業計画書や直近の決算書などから企業の実力や財務状況、将来性などを見極めます。クラウドファンディングにお金を投じる前には、各ページをくまなく読み込み「なぜ資金が必要なのか?」「この資金でどういう事を行おうとしているのか?」「リターンとして何がもらえるのか?」などを見極めます。

ICOでは、ホワイトペーパーと呼ばれるものがこれらと同じ役割を果たします。
IPO株に投資をする前に企業情報を確認するために投資家が読み込む事業計画書や決算書と同じような役割を持っているのがホワイトペーパーです。

ホワイトペーパーには企業が集めた資金によってどのような事業を行おうと考えているのか、またなぜ資金調達をする必要があるのかなどが書かれています。
まずはそのホワイトペーパーをしっかりと読み込み、事業の成長性の見込める投資先であるか、また怪しくないかどうかを判断する必要があります。
ここでの見極めがICO投資成功の一歩目です。慎重に判断しましょう。

またホワイトペーパーと共に、その企業や個人名で検索して「どんな事業者なのか?信頼できるか?」などを調べてみると良いかもしれません。
悪い評判が多い場合には見送る、という選択肢を前提に入れておいてください。

【ポイント2】ICOに関する知識をしっかりつけておく

ICOは、IPO株のように特に知識がなくても投資して利益が得られるような生易しい案件ではありません。

リターンが大きい以上、損失を被るリスクも十分に秘めた投資案件であるという事をしっかりと考慮し、最低限ICOについてやICOの仕組み、またICOで購入した「コイン」や「トークン」をどのようなタイミングで、どうやって売却することができるのかなど基本的なICOの知識をつけておきましょう。

【ポイント3】人の紹介を介してのICOは絶対にしない(MLM形式)

人に紹介されるがままICOに投資をしてしまったがために、MLM(マルチレベルマーケティング)というネットワークの仕組みの中に組み込まれてしまう被害が発生しているようです。
また詐欺まがいのICO投資をさせられてしまったり、詐欺まがいの仮想通貨の投資ファンドのようなものに投資をしてしまい結果大きな損失を被ってしまったりするケースもあるようです。

ICOに投資を行う際には、投資先をしっかりと自分で調べ判断することを心がけましょう。
このような新興の投資手法には詐欺業者が群がるということは過去の歴史からも明らかです。

まずはそのような悪質な人間が多く存在している、ということを頭に入れておくだけでも騙されるリスクはかなり減るはずです。
「うまい話などない」ということですので、基本的には人の紹介を介してのICOには極めて慎重になるべきでしょう。

ICOに投資する手順

次に、実際にICO投資を行う手順を解説します。
ICOへは次の1〜4のような手順で投資が行えます。

  1. ICOをチェックし、投資先を決める
  2. ICOへ投資を行うために必要な仮想通貨を購入する
  3. 購入した仮想通貨を保管するウォレットを作成する
  4. 投資を行いたいICOに仮想通貨を送金する

ではそれぞれ具体的にどのような事を行えば良いのか、またその際に気をつけるべき注意点についてを詳しく解説していきます。

【手順1】:ICOをチェックし、投資先を決める

まずは、ICO(クラウドセール、プレセール、トークンセールなどとも呼ばれる)を行なっている企業を下記ICO情報サイトからチェックし投資先を選定していきます。

基本的にICOは全世界から資金調達を行う方法であるため、海外サイトから情報を集めて来る必要がありますが、下記サイトのように日本語のサイトもあるため、まずは掲載されているICOの基本情報を元に投資先の選定を行いましょう。

>日本語に翻訳されたホワイトペーパーが読めるCOIN NINJAはこちら

>ICOを行っている企業情報が日本語で掲載されているICO NEWSはこちら

【手順2】:ICOへ投資を行うために必要な仮想通貨を購入する

投資先のICOが決まったら、詳細ページから「コイン」や「トークン」を購入可能な仮想通貨を購入します。

イーサリアム(ETH)で対応できる場合がほとんどですが、中にはビットコイン(BTC)やライトコイン(LTC)、その他のアルトコインが対応している場合もありますので、しっかりと対応仮想通貨をチェックしましょう。

【手順3】:購入した仮想通貨を保管するウォレットを作成する

仮想通貨の送金をICO宛に行うために、投資先のICOで対応している仮想通貨のウォレットを作成します。既存のウォレットでは仮想通貨と引き換えにもらえる「コイン」や「トークン」が受け取れない場合があるため、ICO専用のウォレットを作成した方がベターです。

ウォレットの中にはICOに投資がしやすい機能がついたものもあるため、使おうとしているウォレットがICOへの投資に対応できるかどうかを事前に調べておきましょう。

【手順4】:投資を行いたいICOに仮想通貨を送金する

手順3で作成したウォレットから、投資を行いたいICOのアドレスに仮想通貨を送金します。

仮想通貨を送金して数日後にウォレットに「コイン」または「トークン」が配布されます。

あとはIPO株と同様に、投資を行なった先の企業が仮想通貨取引所に上場し売買が一般的に行われるようになるのを待ちます。

 

ICOはあまり手を出さない方が無難

基本的にICOはハイリスクハイリターンの投資案件です。
法整備などの不足から詐欺の温床になっており、怪しい案件なども多い投資手法とも言えます。

また、もし損をしても守ってくれる法律などはないためすべて自己責任です。

確かにICOはリターンの大きさから魅力がある投資方法と言えますが、資産運用方法としてICOはおすすめすることができません。
もしどうしてもICOへ投資をしてみたいという場合には、虎の子の資金までは突っ込まない前提で行うようにしましょう。