広告枠
    FinancialLabTOP > 資産運用について学ぶ > 暗号通貨投資 > マイニングとは一体何?マイニングで今から利益はあげられる?
2018年2月7日

マイニングとは一体何?マイニングで今から利益はあげられる?

マイニングって何?_001
The following two tabs change content below.
大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

普段は個人投資家として活動しつつ、「日本人の金融リテラシーを向上させる」ことを使命として投資教育メディア『ファイナンシャルラボ』を運営しております。山口県下関市出身。

仮想通貨を語る上でブロックチェーンと並び重要なのがマイニングです。

今回はそんな重要なマイニングについて分かりやすく解説していきます。

マイニングとは?

仮想通貨はブロックチェーンと呼ばれる技術によって、これまで行われたすべての取引が管理されています。

ブロックとはある一定期間の取引台帳の事で、それがチェーンのように連なり仮想通貨が生まれてからのすべての取引記録が管理されているのです。

各ブロック同士、前のブロックと後ろのブロックで共通の取引データを持っていることが特徴であり、その前後のブロックの取引データをすべて検証し、整合性を保つことで通貨としての正当性(不正な取引がないこと)を実現しているのです。

このように、新しいブロック(新しい取引台帳)を作り、前のブロックとの間で取引データを検証し、整合性を保つ作業の事をマイニングと呼んでいます。

あらゆる場所で取引されている過去の取引データとの整合性を図るためには、スーパーコンピュータークラスの非常に高度な計算が必要となるため、ビットコインのようにブロックチェーンを採用する仮想通貨ではこのマイニング作業を不特定多数の有志の力を借りて行なっています。

このように有志によるマイニング作業により日々台帳の整合性を保ちながら更新されていくことで、仮想通貨の安全性、正当性が保たれているという訳なのです。

マイニングに対する報酬という形で仮想通貨の新規発行は行われる

仮想通貨のマイニング作業を行い、膨大な計算を手伝ってくれた方への報酬として仮想通貨が新規発行され、支払われます。

このマイニング作業への報酬という形でのみ仮想通貨の新規発行が行われているのです。

仮想通貨が生まれた時にすでに発行上限は決まっています。

しかし、そのすべてが世の中に出回っている訳ではなく、このようなマイニング作業への報酬として世の中に徐々に仮想通貨の流通量が増えていくという仕組みになっているのです。

上限がすでに決まっている仮想通貨が、採掘量に上限がある金と似ていることから、仮想通貨の一連の新規発行作業を金の採掘に例えてマイニング(採掘)と呼んでいるのです。

マイニングには誰でも参加できるの?

マイニング作業は本来誰でも行える作業でしたが、今現在ではマイニング作業によって得られる報酬を目的としてマイニング競争が激化している状況です。

マイニング作業は参入者が増えれば増えるほど難しくなる仕組みになっており、そういったマイニング競争の中で、最も早く正しい計算を行なった人にのみ、マイニング作業を行う権利が与えられます。

そのため、今現在新しくマイニング目的で参入するのは、マイニング専用のスーパーコンピュータークラスの設備がない限り難しい状況と言えます。
仮にノートパソコンクラスの処理能力でマイニング作業を行なったとしても、パソコンにかかる電気代の方が高くなり赤字になってしまいます。

今現在はGMOインターネット社や、DMM.com社などの一部の大企業が事業の一環としてマイニングを行うようになってきています。
つまり、上記の会社レベルの資本力や技術力がない限り、今後の新規参入は困難といえます。

企業のマイニング事業への新規参入に伴い、マイニング事業などへの投資案件も活発になってきています。
しかし、その時々の時勢によって報酬の増減があることや、法的規制のリスクなどから非常にリスクの高い投資案件と言えます。
初心者は特に注意が必要です。

さらには、マイニング投資をうたった詐欺案件も多くなってきていると聞きます。
安易に手を出さないようにしましょう。

マイニング作業で利益をあげることは難しいの?

ビットコインのマイニング競争が激化している昨今、新規でビットコインのマイニングに参入し利益をあげるのは難しいと言えます。

ただ、その他のアルトコインであれば可能性自体はあります。
※アクトコインが分からない人向けの解説はこちらです。

まだ競争が激化していないアルトコインのマイニング作業であれば、新規参入を行い利益をあげられる可能性はあるでしょう。

しかし、ビットコインに比べてアルトコインは流通量の少なさや知名度の無さ、信頼性の無さなどから、突然仮想通貨自体に価値がなくなってしまうというリスクを考慮しておく必要があります。

また、マイニング作業を行なったはいいがパソコンの処理能力が低すぎて、仮想通貨による報酬額よりも電気代の方が上回ってしまったということが無いように、しっかりと採算性を考えてから行う必要があります。

このようにまだ知名度の低いアルトコインであっても簡単にいくとは思えません。
ファイナンシャルラボではマイニング作業で利益を上げようとすることは積極的におすすめしておりません。

マイニングによりビットコインは爆発的に普及した

マイニングは仮想通貨の通貨としての安全性や正当性を保つためにはなくてはならない作業です。

マイニングにより日々取引履歴の整合性が計られ、ブロック(取引台帳)が更新されていく仕組みこそがロックチェーンの技術を支える根幹と言えます。

また、こうしたマイニングを誰もが行えるというP2P(ピア・ツー・ピア)のネットワークと、マイニングにより新規発行が行われるという一連のプロセスこそが、ビットコインがここまで普及した理由の一つであると言えるでしょう。