広告枠
    FinancialLabTOP > 資産運用について学ぶ > 債権 > 債権投資とは?株式投資との違いと4つの種類の概要を解説します
2018年7月8日

債権投資とは?株式投資との違いと4つの種類の概要を解説します

The following two tabs change content below.
大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

大石武@個人投資家・ファイナンシャルラボ代表

普段は個人投資家として活動しつつ、「日本人の金融リテラシーを向上させる」ことを使命として投資教育メディア『ファイナンシャルラボ』を運営しております。山口県下関市出身。

投資と聞くと株式投資や不動産投資、FXなどが真っ先に思い浮かぶと思いますが、今それらに次いで会社員や公務員に人気なのが「債券投資」です。

債券投資とは、一体どんな投資なのか?

基本的な仕組みや特徴、メリットやデメリット(リスク)などをわかりやすく解説していきます。

債券投資とは?

「債権」というのは、簡単に言えば「借用書」です。

私たち個人が金融機関や会社などからお金を借りるときには、「お金を貸しました・お金を借りました」という証明書が発行されます。

これが「借用書(借用証書)」です。

国や地方公共団体、企業などが投資家からお金を借りる時に発行されるのが「債券」です。

すなわち、債券投資とは、国や地方公共団体、企業などにお金を貸して、貸すときに決められた返済期日と利率にのっとって利息を得る、という投資方法です。

株式投資とどう違うの?

株式投資と債券投資はどちらも「資金を求める企業にお金を貸して利息を得る」というやり方です。
しかし仕組みや投資の性質が全く異なります。

株式投資と債券投資の大きな違いは次の2つです。

  • 債券は返済期日が最初から決められているが、株式はそれが決められていない
  • 債券はほとんど値動きしないため、株式のように途中で売りたくても売れない

このような性質の違いから、債券投資は株式投資のように途中売却を基本的には考えない投資方法なので、途中で売却などが難しい投資方法です。

途中売却してしまうと利息分が大幅に削られてしまったりします。

しかし、決められた期間保有する前提で買う人がほとんどであり、返済期日が決められているため、その期日になったらお金が決められた利率分増えて返ってきます。

株式投資のように値動きに悩まされず、かつ購入時と売却時以外にはほとんど手間がかからない投資方法とあって、会社員や公務員など本業があり、投資に時間をあまりかけられないという方に人気の投資方法なのです。

債券投資の種類

「債券」は発行元の違いによって次のようにいくつかの種類に別れています。

  • 国債・・・国が発行する債券
  • 地方債・・・地方公共団体(都道府県や市町村など)が発行する債券
  • 社債・・・企業が発行する債券
  • 外国国債・・・海外の国や企業が発行する債券

それぞれ、発行元が違うだけではありますが、返済期日や利率の考え方、元本保証の有無、リスクの大きさ、利率の大小など特徴が異なります。

個人向け国債

「国債」とは、国が発行している「債券」のことです。

国債は主に企業など向けに発行されていましたが、2003年の3月から個人が国債を保有できるようにと始まったのが「個人向け国債」です。

個人向け国債の特徴は、なんといっても「元本保証」です。

個人向け国債の最低金利は0.05%と決まっているため、「金銭的な損をする心配がない」というのが最大の特徴と言えるでしょう。

また、一般的なメガバンクなどの定期預金の利率は0.01%程度ですが、それを超える利率かつ元本保証ということもあり、人気です。

デメリットは債券投資の中でも低い利率です。

定期預金よりは高いといっても、リスクが低い分利率は低めです。

そのため国債だけで将来の資産形成をしようと思っても難しいのが現実です。

個人向け国債についてより詳しく知りたい方は次の記事に分かりやすく解説してありますので、こちらも合わせてご覧ください。

>>「個人向け国債とは?メリットやデメリットを分かりやすく解説」

個人向け地方債

「地方債」とは地方公共団体(都道府県や市町村など)が発行する債券のことです。

発行元である地方公共団体によって、購入制限や利率、返済期日など特徴が違うため、様々な種類が存在します。

地方債の特徴は国債に次ぐ安全性と、国債よりも少し高い利率です。

国債のように元本保証はありませんが、地方公共団体が運営しているだけあって国債に次ぐ低リスクな債券と言えます。

リスクとリターンは比例していますので、リスクが国債よりも高い分利率も高いものも多く、人気の地方債などは発売と同時に売り切れてしまうことも決して珍しくありません。

また、財務基盤の弱い地方自治体の発行する債券はリスクが高い分、利率は高く、財務基盤の強い地方自治体の発行する債券は利率が低い傾向にあります。

地方債について、種類などを詳しく知りたいという方は、次の記事に分かりやすく解説してありますので、こちらも合わせてご覧ください。

>>「個人向け地方債とは?資産運用としてのメリット・デメリットとは?」

個人向け社債

「社債」とは企業が発行する債券のことです。

これまで社債は企業や団体向けに主に発行されてきましたが、個人向けの場合には10万円程度から、比較的個人が手を出しやすいような価格で販売されています。

国債や地方債に比べて、リスクが少し高めなので、利率が高いというのが特徴です。

もちろん国債のように元本保証もありません。

また、地方債と同じく財務基盤の強い企業の社債はリスクが低いことから、利率も低く、反対に財務基盤の弱い不安定な企業の社債はリスクが高いことから利率も高く設定される傾向があります。

安定企業の社債などは、そういった意味で人気が高く、販売と同時に売り切れてしまうことも珍しくありません。

社債について、もっと詳しく知りたいという方は、次の記事に分かりやすく解説してありますので、そちらも合わせてご覧ください。

>>「資産運用として個人向け社債を活用するメリットとデメリットとは?」

外国債券

「外国債券」は、海外で発行されている債券のことです。

外国債券は為替の影響があり、債券投資の中では一番難しいと言えます。

「外国債券」は大きく分けて次の3種類に分かれています。

  • 外貨建て債券
  • 円建て債券
  • 二重通貨建て債券

また、国内債券に比べて情報が手に入りにくいため、債券投資の中では一番リスクが高く、それに比例して利率も高いのが特徴です。

投資初心者にはあまり向かない債券投資方法と言えるでしょう。

外国債券について詳しく知りたいという方は、次の記事に分かりやすく解説してありますので、そちらも合わせてご覧ください。

>>「外国債券とは?個人の資産運用としてのメリットとリスクを徹底解説」

選択肢の一つとして考慮しておくと良い!

債券投資は、株式投資やFXなどと比べて値動きが少なく、手間がかからないという意味で会社員や公務員に人気の投資方法です。

リスク分散の観点から「債券投資だけやる!」というのはあまりおすすめしませんが、債券投資も他の投資方法と違う性質を持った投資として、選択肢の一つとして検討してみるのも良いと思います。

いずれにせよ、まずは「国債」「地方債」「社債」「外国国債」などFinancial Labでまずは債券について詳しく勉強してから検討してみましょう!